スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジアの教育事情

 今日も午前中はいつも通りの語学訓練でした。いつも同じ自己紹介を繰り返し暗記してやっているのですが,今日はいつもより滑らかにしゃべることができたように思います。また,今日は食べ物の名前やお店でのやりとりについて学びました。ちなみになぜか自分がお店の人で他のみんなが(先生も含めて)お客さんです。他のみんなの学習になっているのか…やや不明でしたが,シソタ先生のそんな雰囲気がとてもいいのだと思いました。ちなみに,明日・明後日とCJCCを離れたアウトドアレッスンになるのですが,CJCCでシソタ先生の先生の授業を受けるのは,今日で最後とのことでした。突然でかなりびっくりしました。。最後にCJCCの前で,みんな一緒に写真を撮りました。
シソタと
 お昼ごはんは,JICAオフィス近くの日本食レストラン「四季」に食べに行きました。先輩隊員のお薦めの店です。人気があるらしく,かなり混んでいました。このお店,なんと日本のコシヒカリがおかわり自由で,おかず・サラダ・コーヒー・味噌汁含めて3ドル(約240円!)です!! 各定食や丼物,うどん,ラーメンなどがありました。ちなみに,今日は豚キムチ定食を食べました。日本食が恋しくなったら,あるいは任地からプノンペンに戻った時は,通うことになるのだろうと思います。
四季のランチ
 さて,午後はカンボジアの教育事情について,JICA専門家の方から説明を受けました。カンボジアの「教育青年スポーツ省」(日本の文部科学省にあたる行政機関)の計画局で仕事をし,広くカンボジアの教育政策に関わっておられる方です。復習のために,教わったことをいくつかまとめていきます。
・カンボジアの学校は,日本と同じ6,3,3,4制である。(1996年から)
・憲法で一応「無償義務教育を受ける権利」は保障しているが,日本のような「教育の義務」(保護者の教育を受 けさせる義務など)がないので,徹底されていない。つまり,貧困などを理由に就学できない子どもがいる。
・行政組織はかなりの中央集権。たとえば自分が派遣される州の教育局(日本でいうところの県の教育委員会)の スタッフは,国から派遣されている人が多い。
・各学校段階の純就学率(留年などを含まない学齢児童の就学割合)は,小学校で94.8%,中学校で31.9%,高等学 校で19.4%と,やはり低水準の状況にある。が,それでも1996年の数値からみると,うなぎのぼりの状況にあ る。ちなみに,「留年」する子どもも多く,「総就学率」の指標を使うと,その割合は125.4%と,一見「あ  
 れ?」と感じる数字となっている。それから,仮に各学校に入学・進級したとしても,学校を卒業できず,中途 退学していく子どもも多い。卒業できる割合はなんと61.7%…。やはりそういう点で途上国なんですね。
・州による格差も大きい。一般的に南部は就学率などが高く,北部は低い。自分の派遣予定のカンポットは↑の割 合が約70%。発展的な取り組みの可能性もうかがえた。
・カンボジアの先生方の経歴は,最近になって高校卒業の人が多くなった。(ちなみに以前は中学校卒業程度の人 がほとんどだった)。
・現在の政策では,CMDGs(CambodiaMillenniumDevelopmentGoals)に おいて,2015年までに9年間の義務教育の徹底を図るとある。その具体的な手立てがたくさん示されてい  る。中でもなるほどと思ったのが,「学校を魅力的なものにする」という話である。そのために。情操教育が求 められている,というのは納得がいった。自分の青少年活動の取り組みの1つの柱になるように思った。
・各支援団体(UNESCO,UNICEF,世界銀行,NGO団体…)がかなり教育支援の中でも得意分野を生 かした棲み分けを行っている。たとえば,ユニセフであれば幼児教育など,ユネスコであれば識字教育など,世 界銀行では学校建築,NGOでは,ドロップアウトした子どもたちへのフォローアップなどと。これらがさらに 連携を深めていく必要もあるのかもしれない。
 
 そんなお話でした。活動を進めるにあたって,かなり示唆にとむ内容でした。これらを情報の1つにして,実際に自分が学校現場からたくさんのことを分析していく必要を感じました。活動が楽しみになってきました。







スポンサーサイト

カンボジア外務省表敬!

 今日は日々の日課である語学訓練をいつもどおりに受けました。シソタ先生の授業は,時間があっという間に過ぎます。それだけ集中しているのか楽しいのかよくわかりませんが,とにかくすぐに終わります。今日は「方向」に関する単語や表現をたくさん復習しました。道を尋ねたり尋ねられたりしたときに役立ちます。シソタ先生の似顔絵を同期の隊員が描きました。とても似ています。
シソタ
 午後はカンボジアの外務省を表敬訪問です。とても暑い中,久しぶりにユニフォームを着て,立派な建物に案内されました。6人みんなとJICAの調整員さん,ナショナルスタッフで向かいました。国の重要な機関にも関わらずだいぶセキュリティが甘かったように思います。外務省,かなりきれいでした。そして冷房がガンガン効いていました。ここにも格差のひとつを感じました。大臣なのか,事務次官なのか,表敬先の方がどんな立場の人なのかよくわかりませんでしたが,簡単な自己紹介とカンボジアの印象を英語で聞かれました。印象は,「笑顔がとてもすてき」「料理がおいしい」「カンボジア人はお話するのが好きなんだろう」に加えて,「10年前に訪れたときと比べてだいぶ建物や道が新しくなって驚いた」とクメール語で答えました。なんとか伝えることができたと思います。
表敬訪問
 夕飯は,最近同期隊員で持ち回りの自炊をしています。昨日は自分がそばを作り,今日は仲間が手打ちうどんを作ってくれました。プノンペンには,地元の人が使ういわゆる市場(プサー)のほかにも,スーパーマーケットがたくさんあり,日本食も簡単に手に入ります(やや高いですが・・・)。ちなみにプサーで野菜を買うと,かなりもりだくさんでも1ドルしません。逆にスーパーマーケットでは,カンボジアの人たちは買い物ができるのか,謎です。昨日自分が作ったサラダ風そばです。
そば

今日からトゥクトゥクで通学です!

 新しい一週間のスタートです。今日からJICAの車の送迎がなくなり,自分たちで(トゥクトゥクを捕まえて)CJCCまで行くことになりました。先輩たちからは1台で(6人乗りで)往復20000リエル(約5ドル)と聞いていましたが,まだまだ自分たちのツメが甘く,24000リエル(約6ドル)となりました・・・。1ドルの差ですが,この1ドルがカンボジアでは相当の金額になるわけです。ちなみに,一般的な「先生」たちの1カ月の給料が約80~100ドルらしいです。ただし,お金のあるところにはお金があり,ないところには全くない,そんな格差社会にカンボジアはなっています。
 さて,今日はネアックルー(女性の先生)が変わり,新しい先生に教えていただきました。来月日本人の男性とご結婚される先生です。その男性,自分の大学の先生で驚きました(知り合いではありませんが)。日本の外務省関連の仕事や東京外国語大学で長年仕事をされておられた方です。きれいな発音で,聴きやすかったですが,とにかくスピードが速く大変でした。
 午後はJICAオフィスで,情操教育のメンバーのみなさんのブリーフィング(ミーティング)があり,直接自分の仕事とは関係はないのですが,参加させていただきました。情操教育は,音楽や美術・図工,体育の指導を広める分野です。学校といえば「読み書き計算」で,なかなかそういった分野には理解がされないけれど,子どもたちの心の成長にはそうした分野の進展が求められているわけです。自分の青少年活動でも,きっとそうした関連の取り組みが必要になってくるのだと感じています。
 そのブリーフィングには,NPOの「JHP学校をつくる会」の方とNGO「Heart Of Gold」の代表の方がいらしていました。前者は,作家の小山内さんを代表としてカンボジアやネパールに学校を作る活動や,音楽や美術指導の普及,児童養護施設の設立などを行っています。後者は,マラソンランナーの有森さんが代表をつとめていて,アンコールワットマラソンの運営を始め,全県の体育指導の普及を行っているそうです。どちらも歴史が長く,大きな成果と同時に課題もたくさん見つかっているそうです。カンボジアの教育の発展のために,そうした一つ一つの取り組みが,カンボジア人の発想を核にして有機的に絡み合っていくことが大事なんだと感じました。また,これだけたくさんの知恵が集まっている以上,今の自分に何ができるのかよくわからなくもなりましたが,そうした人たちの活動を結び付けていくことを自分の活動の目標の1つにできそうな気がしました。
 ブログって,なんだかんだでたくさん書けちゃいますね。では。

一週間が経ちました!

 カンボジアにきて一週間が過ぎました。23年度一次隊でまだ日本にいる仲間がいると思うと本当に不思議な感じです。明日27日,モロッコやヨルダン,エジプトの中近東のメンバー,タンザニアなどのアフリカメンバーが出発となるようです。この一週間,いろんな変化がありすぎてとても時間が経過しているようですが,まだまだ一週間なんですね。明日出発のみんなの無事を祈っています。

 さて,昨日・今日とカンボジアに来て初めての休日となりました。平日は語学訓練があるため6時起きですが,この土日はかなりゆっくりと寝ることができました。。やはり疲れをとるには睡眠が一番だと改めて実感しています。

 昨日は午前中にトゥクトゥク研修を受けました。これは先輩隊員から,いわば簡易タクシーの乗り方を実地的に教えていただくものでした。トゥクトゥクの乗り方,行き先の伝え方,値切り方を実際に体験しました。その時の様子です。
モト講習
 そのあとはカンボジアのANZ銀行(オーストラリアとニュージーランドの出資金で成立したらしいです)に行き,自分の口座を確認し,キャッシュカードを受け取り,現金でもってきた2000ドルを預けました。窓口のお兄さんとのやりとりは,いろんな世間話ありで,やはりここはカンボジアだと思いました。
 そのあとは同期隊員で散歩。トンレサップ川沿い,王宮近くのレストランと雑貨屋さんに行きました。外国人観光客向けのエリアなので,おしゃれな分,値段の高さを感じました。
王宮付近でビール
 そして夜はわれわれ23年度1次隊の歓迎会を開いていただきました。直前の隊次が準備するらしく,22年度4次隊のみなさんには感謝です。ありがとうございました。すてきなクマエレストランで,約40名の方が参加してくださいました。任地の紹介,先輩方の名前,ティ先生からのメッセージなどとてもうれしい内容でした。
歓迎会2
 そして今日は午前中にドミの掃除をし,午後はロシアンマーケットまで自転車で向かい,サンダルとハーフパンツを購入しました。店の人と値切りをするのはとても楽しいですね。たぶんもっと安くなるのかもしれませんが,サンダルが2.5ドル,ハーフパンツが4.5ドルになりました。このプサー,観光客用のものらしいですが,衣服,食料,自転車やモトの部品など,いろんなものが売っています。バッグや財布など,露骨な偽物がたくさんありますが,にくめない感じもまたカンボジアなんですね。(the south face)のバックパックが20ドルで売ってます。
サウスフェイス
 そんなこんなの休日でした。




5日目の夜を迎えようとしています。

 月曜日にプノンペンについて今日は金曜日。ようやくというか,あっという間にというか,初の週末を迎えようとしています。明日もトゥクトゥクの実地講習をうけ,そのあと銀行に通帳をとりにとやることはたくさんありますが,今夜はかなりリラックスモードでゆっくりできそうです。明日は夜に23年度1次隊の歓迎会も催していただけるそうです。ありがたいです。

 さて今日も午前中は語学訓練で,午後はジャイカオフィスでカンボジアのボランティア事業の説明とカンボジアのNGOとの関わりについて説明を受けました。カンボジア国内だけで,なんと3000以上のNGOが関わってきたそうです。ポルポト時代が終わった1970年代後半から80年代にかけて大量の難民が発生し,その支援のために各国が力を注いできたということがとても伝わってきました。「その時代に戻りたくない」というカンボジア人みんなの気持ちもいろんなところで感じています。

 さてさて今日は,昨日かなりびっくり,そしてうれしく心洗われた出来事があったのでそのことについて書きたいと思います。下の写真がそのときのものです。
タヤマ日本語学校
 ここはNGO主催の「タヤマ実践カレッジ」の教室です。先輩隊員の方においしいラーメン屋さんを紹介していただいたところ,案内してもらったのが「タヤマ食堂」。この食堂は,「実践カレッジ」の生徒さんたちが日本語の勉強と所作を学習するためにアルバイトしている食堂だそうです。で,その「実践カレッジ」ですが,なんと無料で日本語を学習したいカンボジア人に日本語の学習を施しているのだそうです。たまたまお隣で食事をしていたその「実践カレッジ」のカンボジア人の先生とお話をしたところ,教室内に案内していただきました。その場で簡単な自己紹介をクメール語で行いました。みなさん「上手」と感動してくれました…。しかしそれ以上に写真の生徒さんたちはとてもとても日本語が上手でした。そして日本の学校以上に,あいさつや礼法がしっかりとしていました。何より話を聴く目が輝いていて反応もよく,「学ぶ」ことへの喜びが全開でした。
 彼らの今後の活躍を心の底から祈りつつ,自分もクメール語をもっともっと話せるようになりたいと思いました。

4日目の夜を迎えようとしています。

 だいぶカンボジアの生活に慣れてきてます。クマエ(カンボジアのことです)の食べ物にも,人にも,ドミトリーの生活にもすんなり適応できているつもりです。健康面もばっちりです。健康面についてはまた後日触れますが,今日病院で腸チフスの予防接種を受けました。数時間たった今,かなり痛くなっています。訓練所で受けた注射を思い出しました…。

 そんなわけで今日は前回の続きで,しばらくの自分たちの生活の拠点となるドミトリーについて書きたいと思います。ドミトリーは,プノンペンの独立記念塔の近くにあって,なかなか高級住宅街らしいです。日本のそれとはだいぶイメージが違いますが…。周辺にもおいしい食べ物屋さんや,小さなプサー(市場)もあって便利な場所です。そこから今週は,JICAの車が完全送迎付きでJICAオフィスやCJCC(語学学校)まで移動しています。
ドミ周辺です

 さてドミトリーは2階建て。入口には守衛さんが2交替制でつめてくれています。というか,カンボジアでは大抵立派な建物には守衛さんがいて,一応のセキュリティチェックをしてくれています。それだけ安全安心の維持には気を使う必要があるのだと感じました。雇用の創出にもつながるんですね。

 1階には,リビングとダイニング,キッチン,学習室があります。日本の本がたくさんあって驚きました。テレビでは日本の番組も観ることができます。洗濯機もあります。2階は5つのドミトリーがあります。各部屋には2階建てベッドが3つずつくらいあってトイレもシャワーもついています。細かい規則がかなーりたくさんありますが,完全自分たち協力隊員ですべてを自治的に行っているんですね。役員?係?もたくさんあるようです。
ドミの部屋です

 何はともあれ先輩隊員のみなさんにいろいろ教えてもらって,快適な生活をドミトリーで送っています。今日はこんなところです

カンボジアに到着!

初日なので,たくさん書いてしまいます。
 6月20日,午前10時50分のANA便で,いよいよ日本を出国し,タイ・バンコクを経由,カンボジア時間19時にプノンペン空港に到着しました。
 
 成田では,同じ便で隣の国ラオスに向かうメンバーと,訓練中仲良くさせてもらったモンゴルやモロッコ,その他たくさんのメンバーに見送られました。またメールや携帯に,たくさんの先輩方,友達から激励のメッセージをいただき,本当にたくさんのみんなに支えられてここまでやってきたこと,カンボジアに行かせていただくことを痛感しました。この出発の日の思い,協力隊に行こうと決めた初心を本当に大切にしたいと思いました。
 
 飛行機に乗っている時間はなんとも言えないフワフワとした感覚でした。期待,不安,緊張感・・・いろんな気持ちが自分の中を錯綜していました。
 
 トランジットしたバンコクの空港は,前に訪れた時に比べてかなり近代化していました。ラオスのメンバーともここでお別れです。一緒にタイ料理レストランに入り,最後の晩餐となりました。本当はたくさんいるラオスのメンバーですが,途中ではぐれてしまい全員とはお話できなかったのが,とても残念でした。
 
 バンコクからプノンペンまでは約1時間のフライト。空からカンボジアの夜景を眺めつつ,いよいよ自分たちのステージに到着です。この場所のためにずっと自分が動いてきたのだと,これから約2年ここで新しい生活を送るのだと,心が引き締まる思いでいっぱいでした。
 
 空港の外に出ると,ちょうど21年度1次隊のみなさんが帰国するタイミングとのことで,たくさんのJOCVが空港で見送られていらっしゃいました。「お疲れ様でした。みなさんの分もがんばります」そんなふうに自分に言い聞かせていました。また,2年後同じような気持ちでカンボジアを出発できるようにしたい,そんな気持ちも自分の中にありました。

 そしてドミトリーへ。・・・続きはまた後日書きたいと思います。

ブログ始めてみます

試運転です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。