スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家が・・・!? の巻

3月31日です。

別れの日です(土曜日なんで実質的には昨日ですが…)。
在籍している学校でも,ご退職,ご異動される先生方がたくさんいらっしゃるようです。
お疲れさまでした。
そして,新天地でのますますのご活躍を心からお祈り申し上げます。

自分も,一年後はまた教員として,
いや経験を踏まえ,成長した教員として復帰できるよう,
一日一日を大切に過ごしていきたいと感じました。

さて,今日はモデル校の一校に赴き,
運動会反省のための作品を代表生徒に創らせました。

久しぶりの訪問だったのですが,
子どもたちがすごくウェルカムモードで,すごく嬉しかったです。

sakusei sakusei2

写真を選んで,画用紙にはり付けて,
「運動会で大切だと思ったことは?」
という問いかけに対するじぶんの言葉を書いていくという作業です。

sakuhin1 sakuhi2

おそらく,こういう創作的な作業はあまり経験のない子たちだと思うのですが,
スムーズに作業でき,
「クラスでの団結が大切だ」とか,
「自分の仕事に責任をもった」とか,
そんなことを書いている生徒が多かったです。

中には,
「先生,この写真にはどんな言葉があうと思う?」
なんて言ってくる生徒がいたりして,
なんだかすごく心温まりました~

また,自分の解読があっていれば,
「平和!」って書いている生徒もいたのです。
他に意味のない単語っぽいので,
「運動会=平和」ととらえてくれた生徒がいたのは,
本当に驚きであり,
かつものすごく嬉しい響きとなって,自分の頭の中に残っています。

一緒に行ったイアム先生や,
一生懸命な体育の先生にも,
「ただ行事をやるだけでなくて,こういう振り返りの時間を大切にしたいね」
と伝え,
彼らも多分,その意義についてはわかってくれたのではないかと思っています。

ただ,残念なのは後片付け…。
とにかくみんな紙の切れ端などを容赦なく床に捨てるわけです。
ペンや色鉛筆なども,床にどんどん落ちていくんです…。

そういう指導もちゃんとしないとだなー,
と思って「片付けもしっかり」と伝えたら,
最後まで残ってくれて,しっかり荷物を整頓してくれる女の子たちがいたんです。

その子たちです。

kataduke

偉いですねー。
こういう心遣い,大切ですよね。
助かりました。


って,
今日の本題と何のかかわりもない話になってしまいました。。。

事件は午後自宅で起っていました。

散歩に出ていたわけですが,
とんでもない大雨に襲われて,
(乾季なのに,台風バリの激しい暴風雨が襲ってきたわけです)
なんとか自宅に戻ってみると…

なんと…!

シャワールームの天井が落ちているわけです!?
こんな感じで…

tenjou

ガーン…。
しかも,部屋の中もいろんなところで雨漏りが。。。

そんなわけで,今も雨が大変なことになっているカンポットでした…。
スポンサーサイト

今さらだけど運動会の反省を の巻

今さら…なんですが・・・

運動会をやりっぱなしにはしたくなかったので,
モデル校の両校で,実行委員の生徒たちを対象にした,
振り返りの時間をもとうと考えました。

感想文を書かせても,
解読が恐ろしく厳しくなりそうなので,
写真と端的な言葉を盛り込んだ作品を創らせようと思っています。

子どもたちの参考になったらと思い,
自分も今日創ってみました。
それがこれです。

sakuhin1
sakuhin2

無理してかわいらしさを演出しようとしたのですが,
やはり「男が創った」感が否めないですね。。。笑

運動会には,意義がたくさんあるよ!
ってことを生徒自身に振り返らせて,言語化させたいと思っています。
たぶん,写真みたりして興奮するだけな気もしますが…。

これらをもって,
明日,チョムクリアル中学校へ,
来週,ロル中学校へ久しぶりの訪問となります~!

学校はしばらくお休みだよ?? の巻

今日は,久しぶりに朝早く起きて英語の授業に出かけると…,

道の途中で,学校の先生が
「授業はないよ~ 4月20日までお休みだ」
とのことです…。

さて,この1カ月近いお休み,一体なぜでしょう???















答えは…,
なんと
「カンポットで各競技の全国大会があるから!!」
です。
付け加えると,大会自体は4月の上旬までなんですが,
その後クメール(カンボジアの)正月でこれまた2週間くらいお休みなわけで,
総合計約1カ月のお休みとなっているわけでした。

はてはて…,
「なんで全国大会で,一般の学校もお休みなの?」
って疑問がわきます。

その答えは,
じゃーん・・・

kyousitu1 kyousitu2

教室の中は,ゲストハウスと化しているわけです。
…。
カンポット市内および周辺の小中学校は,すべてこのようになっており,
一切授業は行われていないそうです。

というのも,
カンボジアの全24州から,代表の高校生(中には中学生もいるとのこと)
約2000人以上が,この狭いカンポットに集まっているからです。
競技は,バスケット,バレー,サッカー,陸上各競技(たぶん)で,
それぞれ男女(サッカーもですよ!!)が参加しているので,
一つの州で約100人+引率の先生+審判団の大人数になっているわけです。

当然,ゲストハウスやホテルは足らず,
そもそも予算もないので,各学校がゲストハウスとなって,
そこで,約20日間を生徒の皆さん過ごすわけです。
ハイ。

そんなわけで,
今日は暇な時間に(って一日中いわばヒマなんですが…)
各会場に足を運んでみました。

▼女子バレーと男子バスケ

bare- basuke

体育館など当然ありませんので,
日本だと体育館でやる両競技も,外でやるわけです。
しかも,観客がめちゃくちゃ近くまで押し寄せて…。
危ないって… って思いながら,
大きな声援のもとに,各州のみなさんが一生懸命取り組んでいる姿に,
ちょっと感動したりもしました。
特に,女子に対するスポーツ教育が未だ不十分な中,
これだけ,女の子たちが参加できる仕組みは,大切だと感じました。

ちなみに,
一応どの競技も,公式ルールにのっとって実施されていて,
審判陣もしっかりした感じでした。

が,競技レベルでいうと(自分が言える立場ではないのですが…)
女子は,日本の体育の授業でみんながやるのと同じような感じでしょうか…。
男子種目は,それぞれ結構なレベルですが,
日本の中学校とどっこいどっこいな感じでした。

というわけで,
一応自分も仕事? っぽいことをしたので,紹介だけしておきます。
職場の前にある看板に,
運動会の意義を伝える掲示物をはりました。

keijibutu

課長と,副局長が「いいのを作ったね~ ありがとう」と言ってくれました。

内容は…
「運動会広めよう! (いろんな意義があるんですよ!!)
<協力><役割分担と責任><学校の魅力を高める><ルールを守る>
<当日までの準備><練習と努力><健康>」
なんてことを,端的にまとめて書いてみました。

他の課の職員が興味をもってくれることを願いつつ。

かなり久しぶりの任地,そしてこれから・・・ の巻

約2週間ぶりに任地,カンポットに戻ってきました。
長すぎるプノンペン滞在でした・・・。

プノンペン滞在中,
帰国報告会などなどで,たくさんのJOCVと活動について話す機会を得て,
残り1年の活動の大きな大きな目標を,
「もっと任地で必要とされる存在でいたい」
と考えていました。

そのために,
「教育局の他の課の人ともっとコミュニケーションを図る」
「青少年課の一年の仕事をもう一度振り返ってみる」

ことを,中期の目標に据えてみました。

そして,直近のやるべきこととしては,
①4~6月の具体的な活動計画と業務費の申請
②2月に行われていた教育総会の資料の解読を行う
 (運動会業務で追われていて読んでいなかったので…)
③青少年課の1年の仕事の進捗状況について,課内でもっと話し合う
④計画課に行って,モニタリング関連の資料をいただく
⑤財政課に行って,予算の執行状況を聴く
⑥運動会の振り返りのための資料づくり
 (ポスターバージョンとパワーポイントバージョン)
⑦モデル校両校で,振り返りの時間をもつ
 (写真を活用したポスターの作成を行う)
といったことをやっていこうと思っています。

…と,
けっこう自分なりに真剣に考えて,
今日の午後久しぶりに職場に行ったわけですが…,

・・・。

そう,誰もいないわけです…。
1時間以上たって,ようやく課長がご登場。
他の職員も職場にちょっとだけ顔を出しましたが,
まさにちょっとたってみんなさよなら…。

うーーーん…。

地道にやっていきます。

すっかり日本語づけの毎日です の巻

相変わらずプノンペンでの生活が続いています。

ほぼ10日,任地を離れてしまっているので,
任地が恋しかったり,仕事をしていないことに申し訳なさも感じている今日この頃です。

プノンペンでは,
なんだかんだで毎日忙しい生活になっています。
前回のアップ以降行ったことは・・・

①帰国隊員の空港見送り 2回
②シニアボランティアTさんの国立体育教員養成校の見学
③ENJJと呼ばれる会議の教育分科会に参加
④JOCVの先輩隊員の配属先である小学校教員養成校,付属校に見学
⑤全国の教育局の幹部が集まる教育総会を見学
⑥シニアボランティア同期のおかんが通っている日本語教室を見学
⑦そして明日は,新隊員さんの歓迎会

・・・と,
かなりの用事盛りだくさんな毎日でした。
他の隊員やカンボジアの人たちの会議などに参加するのは,
自分の視野を広げる意味で,とてもいい機会になっています。

それぞれで印象深いことというと・・・,
それぞれの写真と一緒に振り返ります。

①22年度1次隊の現職教員の皆さんが帰国したので,
 自分も任期が残り一年であることを痛感しました。
 今回のギターで,見送りの曲の伴奏をすることができました。

kuukoumiokuri gita-

②カンボジアで唯一の学校だけあって,
 元オリンピック選手の先生がいらっしゃいました。

tutuyasan marason

③他の州の教育局でプログラムオフィサーとして働いている,
 JOCVお2人が地方教育行政について詳しくプレゼンしてくれました。
 クメール語も英語も達者,すばらしい活動をしている2人に敬服です。

ENJJ

④先生方に対してのパソコンの使い方についての授業でした。
 付属校では,いきなりですがギターで日本の歌を披露することに!!

reisan kyousitudegita-
 
⑤教育大臣のお話を聴けました。
 スポーツイベントや生徒会活動の活性化についてもお話がありました。

kyouikudaijin

⑥お寺の中で,貧しい子どもたちを対象にして行われている日本語教室。
 先生はクメール人。想像以上の授業でした。

uta hirosimahausu

充実の毎日です!

すっかり日本語の生活へ の巻

プノンペンでの生活が続いています。
ほぼ毎日ずっと日本語での生活で,すっかりクメール語が頭から抜けてしまいました…。

さて,今回のプノンペン上京の目的は,
①小学校教諭(情操分野)のミーティングに参加
②21年度4次隊,22年度1次隊現職組の帰国報告会に参加
③公用旅券事故防止ワークショップを開催
④JICA中国に集まった日本の高校生とのテレビ電話に参加
⑤送別会に参加
⑥先輩隊員のお友達の日本語達者なクメール人の日本語検定合格パーティに参加
といった具合で,
毎日なにげに忙しくしていました。

今回の任期満了で,
カンボジアで活動してきたJOCVの先輩9人が,
帰国することになりました。

みなさん,教育分野で活動されてこられたボランティアで,
いろんなところでお世話になったり,遊びに一緒に行ったりとしたメンバーなので,
かなり寂しい気持ちになってしまっています。
同時に,自分のちょうど一年前に赴任した
22年度1次隊の現職組の帰国は,
自分にとっても「任期があと一年だ」ということを改めて強く実感させてくれました。

帰国報告会では,
みなさんの約2年の活動での,悩みや大変だったこと,
そしてそれをどう乗り切ったのかうかがうことができました。

印象的だったのは,
やはりみなさんの「カンボジア人の同僚との関わり」についてでした。
たくさんの苦労がありつつも,
自分がいなくなった後のことを考えて,みなさん一生懸命働きかけていたんだなと感じました。
自分も,同僚たちともっともっと真剣に向き合って,
良かった点をたくさん見つけていかなければと思いました。

帰国される先輩ボランティアのみなさんの
今後の活躍とご健康を心からお祈り申し上げます。

▼今回帰国されるみなさん@送別会
送別会

▼公用旅券事故防止ワークショップ
自己防止

▼日本語検定2級合格のソンヒーさんを囲んでのパーティ
pa-thi


スキューバダイビング! の巻

というわけで,
今日はシハヌークビルでのダイビングライセンス取得物語を。

来月,自分へのご褒美としてマレーシア・コタキナバルへの旅行を考えていて,
そこで,登山+ダイビングという無茶な計画を立てているわけですが,
それに備えて,カンボジアでライセンスを取得しておこう,
と至ったわけです。

たまたま,他のJOCV仲間がみんなでシハヌークビルへ行くということで,
それに誘われて一緒に行ってきました。

シハヌークビルは,我が任地カンポットと同じように,
海に面している特別市で,カンボジア随一のリゾート観光地です。
港湾も発達していて,貿易港としての機能も備えています。
訪れる外国人の数も多く,
海岸周辺は,カンボジアらしくない素敵なビーチと化していました。

さてさて,ダイビング。
シハヌークビルには,日本人が経営しているダイビングショップがあり,
一日事前学習+一泊二日の島での講習を受けることになりました。

以前行ったインドネシアのロンボク島に比べると,
やや透明度は劣るものの,それでも透明度「15m」の素敵な海での講習となりました!
初の海中世界,かなり緊張したものの,
それ以上に楽しく,とてもきれいな世界にはまってしまいそうです。

▼ドキドキの初ダイビング! 無事に海中世界を楽しめました!!
daibingu1

▼自分らしいです。。 一緒に潜った方が撮影してくれました。
jibun?

▼先生と,同じコースを受けたフランス人新婚さん。
nakama

▼一緒にシハヌークにいったJOCVの仲間たち。
minnnato

反省を活かして新たな課題へ の巻

久しぶりのアップになってしまいました。

まずは,昨日11日について。
あの未曾有の大地震から一年が過ぎてしまいました。
経験したことのない大きな揺れ,今でも鮮明な記憶の中にあります。
被災され,今でも生活が不安定なみなさんがいらっしゃるとのこと,
忘れてはならないことだと思っています。

自分たちの訓練・派遣は,そうした日本の国難の中にあってのことでした。
改めて自分たちに課せられた重い責任を感じた次第です。

昨年の地震,津波の被害に際してカンボジアからも,
たくさんの義援金やメッセージをいただいたと言います。
そうした気持ちにも,カンボジアに住む自分たちがしっかりと応えていかなければ,
と感じています。

さて,自分の活動のことを書きたいと思います。
9日に,もう一つのモデル校であるロル中学校での運動会を無事に終了し,
その日のうちに隣の州(特別市),シハヌークビルへ移動し,
そこでスキューバダイビングのOPENWATERの資格をとってきました。

シハヌークビルでのことは,また後日書くとして,
今日は運動会のことを書きたいと思います。

今回の運動会にも,たくさんのシニアボランティア,JOCVの仲間,
そして彼らと一緒に働く他州の先生方が視察,参加してくださいました。
とてもありがたかったです。

お越しいただいた皆さんからは,暖かいお言葉をたくさんいただいのですが,
今回はかなり自分的に反省点が多かったです。。。

というのは…,
最初からかなり「怒りっぱなし」だったわけです。
何に対してかと言うと,
(まさに前回の予感が的中したわけですが)
①実行委員のメンバーが朝の集合時間を一人も守らなかった。
②何に出場するのかわかっていなかった生徒が多かった。
③何番目に出場するのか覚えていない生徒が多かった。
④ルールや競技の仕方を完全に忘れている生徒が多かった。
⑤実行委員の一部が,応援などに夢中になって自分のやるべきことをやらなかった。
⑥そんなわけで,大幅に時間がずれこんでしまい,競技がすべて終わらなった。
といった次第です。

2回目で自分の目が肥え,視野が広くなり,全体が見えるようになっただけなのか,
はたまた2回目で,理想が高くなってしまった自分がいたからなのか,
比べる問題ではないのですが,
なんとなく1回目よりもイライラしてしまい,
自分が前面に出ることも多くなってしまいました。

もっと良かった点に着目して子どもたちをほめたり,
生徒にとっても,先生にとっても「楽しいから来年もやりたい」
と思わせるような展開にするべきだったとかなりの反省と後悔です。

というのも,
良かった点も多々あったわけです。
①ちゃんと仕事をやったり,競技のことを大切にしている生徒も多かった。
②いつもより欠席が少なかった。
③運動用の服装をそろえられた。
④ルールを大切にしようという気持ちを強く感じた。
⑤工夫して行儀よく応援する生徒もたくさんいた。

また,先生方の努力のおかげか,
「自分たちの学校の行事」という雰囲気も強く感じました。
例えば…,
①お客様の数が多かった。近隣の学校の先生方も多数視察に来てくれた。
②学校の予算で,ヘルスセンターからの派遣職員や救急箱を用意してくれた。
③運営にかかわってくれる先生方が多かった。
④入賞クラスへの景品を,独自で用意してくれていた。

と,思い返してみると,そんなことが思い浮かぶわけです。
後日,しっかりと伝える必要があるように思います。

ただ,ただ…です。
良かった点はほめつつも,
やはり彼ら自身が解決すべき課題も多々あるように思っているのも事実です。

例えば,
「時間や約束事は守ること」「人の話を聴くときは黙って聞くこと」
「自分の役割分担には責任をもつ」
といったマナーを身につけることや,
「みんなが『楽しい』と思えるイベント(行事)には,たくさんの努力と協力と準備が必要だ」
といった点を理解することなどです。
ここらへんを,今後何かしらの方法で生徒たちに教えていきたいと思っています。

また,「欠席率や中退率を減らす」
といった学校の体制にかかわることなども考えていかなければなりません。
そもそもの運動会開催の理由のひとつが「魅力的な学校づくり」であり,
子どもたちの学習権を保障する強い体制づくりも急務であるように思っています。

といったわけで,たくさんの反省と今後の見通しでした。

明日から,帰国報告会などたくさんのイベントの関係で,
プノンペンに行ってきます。

運動会の写真シリーズです!

▼緊張の開会式(ロル中学校は3学年×3クラスの学校です)
kaikaisiki

▼上手になったラジオ体操
rajiotaisou

▼工夫した応援。コピー用紙に「〇年△組」と書いて旗にしていました。
ouenn

▼実行委員と一緒に整列させる体育の先生(女性です)。
sidousurusensei

▼緊張のスタート。米袋リレー。
suta-to

心配だ… の巻

今日も,中学校に行って体育の授業をしてきましたが…

改めて明後日の学校の運動会が心配になってきてしまいました。
前回の運動会が,想像以上に良くできていたように思うと,
なおさらもう一校での開催が不安になっているわけです。

心配要素①欠席の多さ
体育の授業だけでなく,とにかく欠席の生徒が多い学校です。
今日のクラスも,10人前後は当たり前の欠席です…。
ちゃんとクラス全員集まって練習できたことがないわけです。

心配要素②中退率の高さ
今日改めて職員室の掲示物を見たら,
「中退生徒の移り変わり」なるグラフが貼ってありました。
多い時で,一か月に20人近くの生徒が中学校を中退していることが分かりました。
理由を聴いてみると,
「貧しい家族の多い地域で,特に女子は織物の工場に勤めてしまうんだ」
ということでした。。
本来,そういったことへの対策をするべきなのだと思いますが,
体育の授業や,こういった行事をすることによって,
「学校の魅力」が高まっていくといいなと感じました。

心配要素③体操服の持参率の低さ
運動着をもってこない,あるいはそもそもない,という生徒が多いのです。
特に男子は,制服の黒い長ズボンのまま体育を受けるのが普通になっていて,
かなり厳しい状況だと感じています。

心配要素④時間を守らない
いつになっても,呼びかけないと授業が始まらない…。
理由は「暑いから」…。
・・・。
なんとも言葉がありません。。。

比べてはいけないのですが,
あるいは比べることでもないのですが,
とても不安がよぎってきた2日前でした。

明日は,午後から会場準備とリハーサルです。
その後は,各州から集まっていただくみなさんとの会食です。

んでもって明後日がいよいよ本番。
終了後,隣の州シハヌークビルに旅行に行くことになっています~

やることが多い・・・ の巻

運動会を終えて一息つく間もなく(…日曜日についたか…),
もう一校での開催に向けた準備を再開しました。

えてして,1回目より2回目のほうが感動が薄くなってしまうものですが,
そうならないように,誠心誠意こめて準備したいと思いました。

今日は,前の学校から必要な用具をすべてもう一つの学校に移して,
一回目のリハーサルを行いました。
そのあたりは,また今度書くとして…

実は,今運動会以外にも,たくさんの仕事を抱えていて,
結構忙しい毎日となっています。

①隊員向け安全講習をなぜか自分が行うことになった(安全担当だからか…)。
②JICA事務所で日本の高校生とのテレビ電話をすることになった。
③日本の中学校での卒業生に,上履きと体操服の回収を呼び掛けるポスターを作っている。
④3月で決算報告をしめなければならない。
⑤元の職場の学校にビデオレターを送ることになった。
・・・

と結構な仕事量なわけです。

そんなわけで,今日はその⑤ビデオレターについてちょっと書いておきます。
実は,昨日シニアの方お二人とクラチェからのお客さまMっちをお連れして,
カンポット名所巡りをしたわけですが,
その1つ,プノムチュヌークという洞窟の中にあるお寺をご案内したときに,
謝礼目当てのガイドやお手伝いを求めるかわいらいい子どもたちに遭遇しました。

本来なら無視してさようならだったのですが,
そのあまりの無邪気な姿に,「いかにもカンボジア」を感じて,
彼らを一緒に出演させる形で,ビデオレターを作りました。
撮影は,すべてMっちが担当してくれました。ありがたい。

▼その様子。
yarase

「ソームチュンポー」(おめでとう)
「スースダイ」(こんにちは)
「リアハウイ」(さようなら)
と言え,と強制して無事に撮影が完了しました。

ちょっとだけ,気分はウルルンで撮影されている人みたいでしたね笑
その後,彼らに2000リエル(約40円)を渡し,
みんなで分けろと言ったわけですが,
当然彼らにしてみればかなりの高額なわけです。
すっかり自分の名前は「ロークピーポワン」(Mr.40円)
となってしまったわけでした。

生徒主体の運動会! の巻

チョムクリアル中学校(モデル校1校目)での運動会を,
昨日,無事に開催することができました!!

いろんなことを書きたいのですが,まったくまとまっておらず,
まずはケガもなく無事に終了することができたこと,嬉しく思っています。

そう至った学校の先生方,実行委員の生徒たち,
そしてわが力強いカウンターパートのイアム先生,
はたまた運動会の視察に集まってくださった,
他州のシニアボランティア,JOCV,そのカウンターパートのみなさんに,
感謝したいと思います!

もう1校での運動会も控えているので,
あまりウカウカはしていられませんが,
みなさんから,温かい感想を多数いただいて,今はものすごく嬉しい気持ちでいます。

一人で進めてきた(もちろん,たくさんの支援あってですが…)企画で,
途中,「やっていることは意味のあることなのか?」と,
自問自答を繰り返すうちに,
疑心暗鬼というかマイナスシンキングになることも多々あったのですが,
昨日の視察に来ていただいた方々のお言葉を聴いたり,
子どもたちの笑顔を見て,
課題はまだたくさんあるのもの,かなり自分に自信がついたようにも思います。

というわけで,
写真とともに,今回の運動会を振り返りたいと思います。
ちなみに,写真はすべてJOCV仲間が撮ってくれたものです。
自分は,写真の余裕がまったくなかったです笑
みんなありがとう!!

今回の大きな目的の1つが,「生徒に役割分担をさせる」ということにありました。
カンボジアでは,なかなか生徒に人前に立たせて活動させることが少なくて,
日の目を浴びていなかったのですが,
今回のことが彼らにとっていい経験となって,自信をつけてくれたらと思っています。

▼司会と放送係。
sikaitohousou

▼生徒会長の話。
seitokaityou

▼出場者の確認,整列係
junbankakunin

▼用具係
yougukakari

▼得点係とそれをフォローする学校の体育の先生
tokutennkakari

▼スターター
aizu

▼実行委員のメンバーを閉会式で紹介。
menba-

続いて,開場の準備の上で工夫したことです。

▼運動会らしい雰囲気を出すために万国旗を用意しました。
 紙の飾りは,カウンターパートの発案で,
 自分の指示とは関係なく子どもたち自身で創ったものです!
bankokuki

▼競技スペースと応援スペースの区分け。
 興奮するとどんどん前に出てきてしまう子たちなので…ケガ予防です。
 そして,そこでちゃんと行儀よく応援している姿がかわいい。
kuwake

▼水を用意。食べ物はJICA的には出せないので,せめての水です。
 でも…ゴミのぽいすてが多かったのが残念でした・・。
mizu

▼そしてそのゴミを最後に拾ってくれるイアム先生…。
atokataduke

▼飾り付けの一環として生徒に運動会の絵を描かせ,それを掲示です。
kodomotatinoe

その他の名シーン?です。

▼ハチマキを枝に括りつけて応援する子どもも。次は応援旗が必要かな??
ouenn

▼練習の成果が出た4人5脚です。
 最初は「できない」の連続だったのに…みんな速くなりました!!
4ninn5kyaku

▼他州から視察にこられた先生も自主的に片づけのお手伝いを…。
 ありがたいです。
kataduke

▼優勝クラス結果発表の瞬間です。
yuusyou

▼表彰式。
 優勝クラスには,手作り盾とメダル(チョコ)人数分,JICAノート人数分です。
 ちなみに,優勝したのは7年生(中1)。学級委員がしっかりしていたクラスでした。
hyousyou

▼クラスごとの記念撮影も。
kurasugoto

といった具合でした。
今度の金曜日,もう1校での開催まで,気が抜けません!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。