スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タングピーポアン・・・? の巻

4月もあっという間に終わってしまいますね。

自分のカンポットでの家,川沿いの一等地にあります。
景色もいいのですが難点が1つ。
それは「うるさい」ことです。

川沿いには,観光客用のレストランが林立していて,
たくさんの外国人で夜までにぎわっています。
特に音楽を流された日には,ベース音が響く響く…。

そしてここ最近も,とあるイベントが近くの広場で行われていて,
かなりのにぎわい=うるささを放っています笑

そのイベントが,「タングピーポアン」。……。?。
説明を聞くと,「まぁ,いろんなものが売っているんだよ」だそうです。
そして,そのイベントを華やかにしようと,
連日いろんなゲストたちが招かれている模様です。
なんだか有名な歌手も来たらしいです。
翌日言われたので,無視していましたが。。。
(せっかくなら早めに言ってほしかったですが…)

さてさて,そんなわけでとにかくうるさいので,
「どんなものか見てやろう」と一人で寂しく行ってみると…

こんなテントがたくさん張られ,中にはこんな売り場がたくさん出現です。
電化製品やら衣服やら化粧品やらぬいぐるみやら,たくさんのモノが売られています。
右の写真の売り子のおばちゃん,至近距離なのにマイクをつけて爆音で会話します。
iuriguti uriba

お店だけでなく,
ゴーカートや,射的のゲーム,観覧車などたくさんの催しも。
go-ka-to kanransya

自分は1$でいろんな機能をもったピーラーを購入し,
きれいな夕景をみて帰ってきましたとさ。
こんな夕景を家から見えるわけですよ。
kawanmuki yuukei

狭いカンポット市なので,
いろんな知り合いに行きあい,「なんだ一人か?」とみんな言ってきました…。
スポンサーサイト

これぞユースセンターだ! の巻

久しぶりに任地での休日を迎えました。。。

「もっと任地にいないとなぁー」
と思いつつ,カンボジア隊員はなんだかんだで首都にあがることが多くなっています。

さてさてそんな休日,
と言っても特にやることはないので,
「青少年と文化の家」に久しぶりに足を運んでみることにしました。

フランスのスカウト関係の支援で建てられたこの施設,
やっぱりかなり進んだ「ユースセンター」の機能をもっていると
改めて感じました。

とても狭い敷地ですが,
その中で↓のようなたくさんの活動がなされています。

子どもたちのサッカー(右上の方が指導者の方)
sakka-

踊りは2か所で。
左は,みんなでわきあいあいと最近の(?)はやりの歌に合わせて。
右は,いわゆる伝統舞踊を先生から習っている様子。
odori1 odori2

ギターを練習する青年がいたり(バンドも組んでいるようです)。
小さい子どもたちはレゴやカードゲームで遊んだり。
gita- asobi

と,今日だけでもこんな感じです。

これ以外にもパソコン教室があったり,
高校生対象の英語や数学の講座があったりと,
たくさんの教育機能もあります。

我が街カンポットには,こんな素晴らしいユースセンターがすでにあるわけですね~
職業訓練を施す学校も,カンボジア随一と言われているらしく,
本来州の教育行政をになう「青少年課」が果たすべき役割を,
こうした他の施設・団体が代わりに果たしているように感じます。

年中ボォ~ッとしている青少年課スタッフよ…,
「しっかりしろよ!!!」
と言ってしまいたくなりました。。。

学校巡回再開! の巻

祝! データ復活!!!
同任地のPCインストラクターシニアボランティアの方のおかげで,
無事にデータが修復しました~!!!
本当にありがとうございました!
協力隊での写真など,一生の財産をなくすところでした…。
バックアップは,不可欠ですね。。。

さて,職場にいても相変わらず仕事がなく,
職員に対するイライラも増すばかりなので…,
ただ一人やる気のあるイアム先生と一緒に,
「郡部の中学校をできる限りまわってみよう」ということにしました。

金曜日は,予定では2校回るつもりだったのですが,
1校が校長先生の都合でダメになり,
市内から約10kmちょっとのところにあるワットプノムソー中学校に行ってきました。
ワット=お寺,プノム=山,ソー=白色なので,
「白寺山中学校」ですね。

さて,学校巡回は11月にも行っていたのですが,
前回よりも質問項目やチェック項目をしっかりと準備したのと,
多少クメール語も上達したのか,
前よりは聞き取れる内容も多くなったりして,
充実した「モニタリング」になっているように思います。

質問項目は,大きく5つ,
①学校全体の基本情報(生徒数や留年者数などの数値も)
②授業について(体育の授業があるか,時間を守っているかなど)
③学校環境について(清掃の状況,図書館の様子など)
④生徒会活動について(メイン・活動状況について)
⑤その他
となっています。

とても小さなこの学校は,校舎もたった一つ。
しかも本来は隣の小学校の建物だということです。
生徒数も少なくて,先生の目の行きとどく授業になっているようでした。

kousta1 kyouisity

新しく校長になりたての先生で,様々な数値もすぐに答えることができていました。
とても強い意欲を感じました。
「モノがほしい」という要望もなく,
自分たちの力でしっかり運営しているように感じます。
下の写真の奥は図書室(?)です。
場所がないので,職員室と同じ部屋でした。
教室の掲示物も,とても立派で,
数学の公式,英語の慣用表現,理科の図,各国の地表図など,
担当の先生と生徒が一緒になって作ったということでした。

tosyokan keijibutu

そしてこのトイレです!!
これまでの学校のトイレってあまり用を足したくない状況だったのですが,
生徒が毎日,洗剤を使ってきれいにしているそうです。
ちなみに彼が生徒会長。

toire

体育の専任の先生がいないこと,退学率が減らないことなどが最近の課題だそうです。
「体育を教えに来てもらえないか?」という依頼があって,
もし可能なら,1日で済むように時間割も組み変えるとまでおっしゃっていました。

やる気のあるみなさんと一緒にいるのは,
本当にいいことだなーと改めて感じたモニタリングとなりました。

「なぜかなぜか」の連続 の巻

久しぶりの任地での活動は・・・,
波乱に満ちていた,というか「なぜ?」のオンパレードでした・・・。

「なぜ?」①パソコンがついてウィルスに感染してしまいました。
一応同任地のシニアボランティアの方(PCインストラクターさま)
のおかげでなんとか修復したものの,
なぜか外付けハードディスクのフォルダーがまったく表示されず,
データ損失の危機に陥っていました…。
あぁ,最悪です。。。

「なぜ?」②
お隣のタケオ州の青少年課,建設中の青少年センターの視察に,
やる気No1のロックルー,イアム先生と一緒に行ってきました。
なぜか,道中体調を崩された先生のおばあさまのお見舞いに一緒に行くことになりました。
さらになぜか,そこで2泊することになってしまいました。。。
さらにさらになぜか,「お見舞い」であるはずなのに,
親戚中のみなさんが集まったから,「ペタン?」をみんなでやったり,
しまいには小さな宴会が始ってしまいました。。。
88歳のおばあちゃんも苦笑いでしたね。
長生きしてほしいです。

その様子です。
petan enkai

「なぜ?」③そのタケオ出張に関連して。
なぜか名物の「蚕」のサラダを食べることになってしまいました…。
よーく炒めた「蚕」ですよ。「お蚕さま」…。
そしてなぜか3階建ての立派な教育局。
カンポットは掘っ立て小屋…。うーん。。今立派なのを建設中ですがね~

蚕のサラダとタケオ州教育局。
kaikosarada takeokyouikukyoku

「なぜ?」④
出張内容に関してちょっとまじめに。
今カンボジア各州で,「ユース(青少年)センター」の建設が一つの課題になっています。
当初のイメージは,日本で言う「公民館・児童館」のようなものだったのですが,
実際は「貧困層または学校をドロップアウトした子どもたちの職業訓練を施す施設」
といった感じでした。
パソコンやミシンでの洋裁などのコースを設け,無料で約3カ月の訓練をするそうです。

ただ…そこで気になったのが,
カンポットには現在とても立派な同じような機能を有している
「技能専門学校(職業訓練校)」が存在しており,
どこが違うのか,まったく不明でした。
質問したものの,明確な答えはなく「管轄省庁が違う」だけでした。
日本でも「縦割り行政」などの問題がありますが,
どうも,それぞれの「ドナー」がそれぞれの方針でカンボジアの支援をしているので,
全体として絡み合っていない様相を呈しているような気がしてなりません。。。

そして,一番の「なぜか」です…。
最近なんだかどうもやる気が満ちてきません。。。
明日も郡部の学校に視察に行くのですが,
どうにも前向きになっていない自分がいます。
どうしたもんでしょう。。。

久しぶりの任地へ!! の巻

約2週間ぶりの任地です!

マレーシア旅行から戻ってきて,
その後はカンボジアのリゾート・シハヌークビルで休日を過ごしてきました。

シハヌークビルでは,
同期隊員や先輩隊員の皆さんと一緒に,
ダイビングのアドバンスライセンスを取得してきました。
すっかり海の世界の魅力にとりつかれてしまっています。。

また,シハヌークビルもまさにお正月モードの真っただ中で,
道の往来中も,カンボジア人から,水をたくさんかけられました。。。
タイ,ラオスも同じような風習があるようですが,
お正月には,とにかくみんなで水を掛け合っているので,
移動が大変でした~

写真の世界にもすっかりはまっていて,
シハヌークでとれたお気に入りの写真を載せておきたいと思います。

①海と牛。白い砂浜と青い海に,カンボジアらしい牛の大群が!!
 ホワイトバランスでブルーを足して撮影してみました。
 ちょっと幻想的な感じがしませんか?
umitousi

②夕陽が水平線のかなたへ。
 露出をアンダーにして,重みをつけてみました。
 ヤシの木のシルエットが南国らしさを出していませんか?
yuuhi

③少年と魚。
 仕上がり設定をナチュラルにして,素朴さを出してみました。
 アルミ缶とピアノ線?で器用にサヨリを釣っていました。
syounenntosakana

と,にわか仕込みの写真テクニックを紹介してみました。

そんなこんなで,
今日久しぶりに任地に戻っています。
お正月モードで,すっかり連休を謳歌してきてしまったので,
またしっかりと活動をしていかなければと思っています。

ちなみに情報①
聞いたところによると…,
カンボジアって,中国に続いて世界で2番目に休日の多い国だそうです。
道理で…。って感じです。

ちなみに情報②
今,カンボジアは絶好調に暑いです。
乾季の中でも「暑季」と言われ,
なんと今日の気温は38℃とのこと!!
暑いです~

マレーシア・コタキナバルへ の巻

スオースダイチュナムタマイ(明けましておめでとうございます)!

そんなわけで,カンボジアはお正月モード真っただ中です。
プノンペンは,昨夜7時ごろ花火があがり,
新しい一年の幕開けを盛大に伝えてくれました。
普段あいているお店もだいぶしまってきて,
みなさん里帰りしている様子です。

職場も,学校も連休に入るにあたり,
だいぶお休みモードだったので,
自分もその連休に合わせて休暇をいただき,
マレーシアの東,ボルネオ島のコタキナバルへ行ってきました。

カンボジアからは,自分と同期のEポン,
ラオスからは3人の同期,マレーシアからは2人の同期が集合して,
訓練時代以来,約9か月ぶりの再会を果たしました。

みんなそれぞれの任国,任地で,
さまざまな環境にもまれ,内面的にはかなり成長している様子でしたが,
外見は以前のままで,「久しぶり」という感じがまったくなかったです。

マレーシアは,広大な熱帯雨林と美しい海がのこる自然の宝庫であると同時に,
かなりの多民族・多文化・多宗教国家でありながらも,
「共生」のお手本のような状況にあります。
また,1970年代のルックイースト政策などの影響からか,
同じ東南アジアとは思えない経済的な発展ぶりを遂げていました。

今回はそんなマレーシアで,
東南アジア最高峰のキナバル山(頂上4095m)に登ることと,
美しい海でのダイビングを楽しむことを目的にしました。

写真で振り返りたいと思います。

久しぶりの再会。
カンボジアからのお土産「I love Cambodia Tシャツ」を着て。
山もみんなでこれを着て登りました(最初だけ元気でしたが…)。
minnato tozann1

キバナル山にて。
こんな山道を登り…(雨のおかげでほぼ川?滝を登る感じでした),
tozan2 toznan3

頂上に近づくとこんな風景が待っています。
tozan4 tyoujou2 unkai1 yama1

頂上でのみんなとの記念撮影(かなーり寒かったです)。
tyoujou5 tyoujou1

苦しい道の途中も声を掛け合いながら,元気を分けてもらいました。
tozan2

下山後はぐったりでした。登頂の証明書もいただきました。
gezann2 gezankinen1

そして美しい海へ。
エメラルドグリーンに輝く海で,ダイビングとシュノーケリングを楽しみました。
島では,珍しいオオトカゲも歓迎してくれました。
daibinu1 daibingu2 tokage syunoke-ringu

こちらに来て,
いい意味で趣味の幅が広がっている自分がいます。
いろんな楽しみを知っているというのは,大切だなーと感じています。

連休がまだまだ続くので,
今日からは,カンボジアの唯一のリゾート,シハヌークビルに行ってきます。

今さらだけど運動会の反省を part2 の巻

そんなわけで,
お正月モード真っただ中ですが,
今日は運動会を実施したもうひとつの中学校にお邪魔して,
運動会の反省のための作品作りを指導してきました。

内容は,前回と同じなんですが,
今日は指示すべきところをたくさん指示することができたように思いました。

例えば,
「ペンやノリの使ったら,必ずふたをしめること」
「用具は絶対になくさないこと」
「ゴミを散らかさないこと」
「何かモノをもらったら『ありがとう』ということ」
など…。

まぁ,かなり基本的なことなんですが,
そういうところも青少年活動の一環なわけですよね。

そんなわけで,集中している生徒の様子を。

katudou6 katudou3
katudou5 katudou2

写真を選んで,画用紙を切ってそれを貼り,意義を振り返る。
楽しそうな姿に,自分も嬉しく思いました。

中には,写真左上の彼のように「♥」型をたくさん作る生徒に,
冗談を言ったり,
右上の女の子は,自分の言うことに目をキラキラさせて聞いていたり,
左下の彼は,クメール文字を書くのが上手だったんで,
それをほめたり,
右下の女の子は,花のイラストが上手だったので,
みんなに紹介したり…
とちょっとは先生らしい事をできたような気がします。

sensei1 seseni2

先生方も,生徒の制作過程にかなり興味をもって,
一緒にデザインや配置などを考えてくださいました。
ちなみに,右の写真の奥にいる子どもたちは,
物珍しい作業を外から見つめるカンボジアらしい光景です。

最後にみんなで記念の一枚を。

minnnade

来年は,自分たちが企画して,運営までもっていきたいですね~

明日から,またプノンペンに行きます。
9日からは,クメール正月に合わせて休暇をとって,
マレーシアに行ってきます!

すっかりお正月モード の巻

カンボジアのお正月,いよいよ3回目を迎えます。

1回目はいわゆる世界的なお正月,
2回目は中国正月,
そしていよいよ3回目は4月の「クメール正月」です。

なんとなく,町全体が静かになってきているようなそうでないような…。
少なくとも,
職場はいつも以上に「やる気がない」というか「仕事っぽくない」感じです。

そんなどうしようもない雰囲気の中,
職場唯一の働き者,イアム先生は今日も忙しく働くわけです。
「何をしているの?」
と聞くと,
「小学校1年生用の新しい教科書を届けに行く! しかもカラーだ!!」
というわけです。

その教科書がこれ。

kyoukasyo1 kyoukasyo2

全面カラーバージョンで,とても見やすく文字の勉強ができそうです。
ただ,なぜ年度も終わりにさしかかった今なのかは不明ですが…。
それでも,せっせと汗を流しながら,
重たい段ボールの山々をワゴンに積んでいる彼の姿はなんとも素晴らしかったわけです。
自分もそれを手伝って,イアム先生は郡に届けに行きました。

kyoukasyo3

その姿と裏腹に,
職場でビデオとスパイダーソリティアしかしてない他の職員に,
自分はかなりムッとしながら…。
ハイ。

いつ,課長にこの職場の問題を進言しようかと考えています。

ボンラウングプテア?? の巻

今日は,ど平日だったのですが,
職員の一人が
「『ボンラウングプテア』があって,『ノンバンチョ』を食べるから家に来い。」
というので,
仕事が終わってから,ご自宅にお邪魔してきました。

「ボンラウングプテア」(と確かに言っていました)が,
これを直訳すると「家にあがるお祭」?となるわけです。
「どんなイベントなの?」と質問すると,
「カンボジアの伝統的なイベントだ」という答え。
…確かに間違っていません。。。

さっするに,多分2回部分を新築(増築)したので,
その記念なのかと思っています。
(誰か知っていたら真実を教えてください~)

bonn1 bonn2

とこんな感じでした。
こんな小さい子も,ちゃんとお経を唱えることができるんですね。

そしてその祭事が済むと,
今度はみんなで夕飯です。
「ノンバンチョ」,カンボジア版そうめんといった感じでしょうか?

nonbantyo1 nonbantyo2

自分で好みの薬味とスープを入れて食べます。
おばさま方に囲まれて,
「おいしいか?」「もっと食べろ」
と言われるまま,(けっこうおいしかったので)
4杯食べてしまいました。

こういうお付き合い,すごくいいですね~

That's 60円定食! の巻

4月になりました。
出逢いの季節です。
自分が協力隊としていられるのも,正真正銘残り1年となりました!

猫ひろしのカンボジア代表の件,賛否両論ありますね。
あまり深く考えていなかったことなのですが,
有森裕子さんがおっしゃっているコメントがとても印象深いです。
「カンボジアの若い選手のチャンスを摘んでしまった…」と。
猫さんの努力はもちろんすばらしいのですがね。

さてさて,
いつも仕事の話ばかりなので,たまにはカンボジアライフについて。

実は,これから協力隊になられる方とも連絡をとっていて,
肝心な食事のことについても情報を出せたらと思い,
今日はこの一週間の自分の昼食について紹介したいと思います。

最近,昼間は地元の人気の食堂で食べています。
人(自分だけですが)呼んで「バイポアン(3000リエル=約60円)」の店。
安いのと,けっこう量があるのと,何げおいしいのと,
栄養のバランスを考えて,毎日いろんなものを選んで食べています。

まずは,店頭にならぶお鍋をチェック。

nabe

いろんなおかずが入っています。
「これとこれ,ちょうだい」
っていうと,よそってくれます。

そして,今週のおかずセレクションです。

ヤシの実の果肉スープとナスの炒め物(左) にがうりの肉詰めともやしと厚揚げの炒め物(右)
okazu1 okazu2

いろんな野菜のはいったスープ(ソムローコーコー)といんげんと豚肉の炒め物(左) 
ベトナム風魚の酸っぱいスープとチンゲン菜と豚肉の炒め物(右)
okazu3 okazu4

とうがんのスープと卵の煮つけ(左) 空芯菜と魚のスープとカリフラワーと豚肉の炒め物(右)
okazu5 okazu6

この種類,このボリュームで,どれも60円です! 
安い!! 
豚肉が異様に多くなってしまうのがカンボジアなんですが…
同じような感じの定食を,プノンペンで食べたら多分2$(約160円)くらいします。

ではでは。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。