スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うまくいくか、組体操!? の巻

乾季に入ったというのに、
雷雨で目が覚めてしまう任地カンポットです。

さて、運動会にむけての活動です。
12月の実施日も各校で校長先生とともに決定し、
14日(金)ロル中学校、
22日(土)トラウィコ中学校、
ということになりました。

残り約一ヶ月。。。
その間連休も挟むので、待ったなしの練習&準備です。
この焦りがなかなか子どもたちや先生方に伝わってないのが、
余計にこちらの焦りをよんでしまいます。
もっともっと先生がたを巻き込んで実施しないと・・・と改めて反省です。

さて、そんなこんなの昨日、
組体操の練習4回目を実施しました。
金曜日の午後は授業はないのですが、
組体操に参加する生徒50人と、とても意欲的な副校長先生が学校に来てくださいました。

「集まらないかなー」と内心不安だったのですが、
みんなの意欲的な姿を見て、そんな気持ちを抱いていた自分が恥ずかしくなってしまいました。。
というのも、
しっかり者のリーダー君が自主的に↓のような張り紙を作成し、
かつみんなにちゃんと連絡していたんです。。

IMGP7142.jpg

すばらしい!!!
ちゃんと、こちらの意図する事を理解してくれていて、
この学校で、この生徒たちと運動会を実施する意義があるなと実感しました。

そして、いざ実際の練習へ。
こういう取り組みをしたことがないので、
課題はたくさんあるのですが、
それでも動きをちゃんと覚えようとして自主的に参加する生徒だけあって、
一緒にやっていて実に楽しいわけです。

↓2人ペアのサボテン。
下で支える子が例のリーダー君です。
練習後、「ぜひ体育の先生になるといい!!」なんて余計なおせっかいを言ってみたり。
IMGP7179.jpg

↓モデルを見て、一生懸命練習する女の子たち。
下になって支えるのはだいぶ力が必要なのですが、
「私体は小さいけれど、力はあるわ!」と言って自主的に下にまわる子も。。。
IMGP7171.jpg

↓そして見せ場の1つが「アンコールワット」。
グループごとに違う形を創って、みんなでアンコールワットを表現します。
上の写真が中央の塔、下の写真がその周りにある4つの塔の1つです。
IMGP7225.jpg
むかで

「みんなで動きがそろうときれいになるよ」
というと、しっかり笛に合わせて動きをとろうとする生徒たち。
動きが違うところでは待つ時間も結構あったりしますが、
まったく文句を言いません。

お客様にたくさん来ていただいて、
彼らのがんばりがたくさんの人たちの前で発表できると嬉しいです。
スポンサーサイト

未だ残る負の遺産と明るい夢を語る人々 の巻

昨日に引き続き、任地外生活についてまとめておきます。

今日は、
バッタンバン州にて参加させていただいた「地雷撤去」作業の見学について。
隊員になる前からやはりこの活動についてはかなり興味があり、
都合があえば参加したいと、ずっと思っていました。

撤去作業を行っているのは、
カンボジアの政府機関であるCMAC(カンボジア地雷対策センター)と、
それを支える日本のNGOであるJMAS(日本地雷処理を支援する会)の活動です。
それぞれのホームページは、↓へ。
CMACさん  http://www.cmac.gov.kh/
JMASさん http://jmas-ngo.jp/ja/

イメージからすると、
かなり「暗い」感じの内容ですが、
そこで働いている方々は、
日本人(元自衛隊の方)もカンボジア人(元軍人さんが大半)もみんな陽気な方で、
すぐそばに「地雷」が本当にあるのかどうか、
錯覚を起こしてしまいそうな不思議な現場でした。
(ちなみに、バッタンバン州都から車で約50分くらいの地域です)

IMGP7007.jpg IMGP7012.jpg

現場スタッフの責任者の方から説明を受け、
こんなプロテクター(?)を装着して、現場へ向かいました。
対人地雷、対戦車地雷と、その処理の方法は異なるらしく、
それぞれの場所(進捗状況)に応じて、
時間をかけて事故のないように、ゆっくりと作業を進めていらっしゃいました。

見学に行った際には、
実際に埋設されている地雷は見る事ができませんでしたが、
いただいた写真によると、
DSC02036.jpg
このマークのすぐそばにも、こうして地雷が埋まっているわけです。。

また、
これも実際に見た訳ではありませんが、
こうした地雷や不発弾が発見されると、
他から取り出した火薬を使用して、
下のように処理をするとのことです。
その際、最低100mは離れなければならないそうです。
2012-6-7 (7)
地雷 (3)

そうやってできた穴がこれ↓です。
IMGP7023.jpg
人がまるまる入れてしまうスペースが出来上がってしまいます。
威力の凄まじさを目の当たりにしました。

カンボジアにある地雷の正確な埋設数はわからないそうです。
以前の調べによると、400万から700万という数があるそうです。
かつて読んだ本によると、
それらすべてを人の手で撤去するためには、
相当な時間を要するとのことでした。
ただ、最近は↓のような日本製の大型車を用いる事で、
荒削りではありますが、
だいぶ作業もスムーズに進むとの事でした。
IMGP7095.jpg
実際に稼働している様子も見学できました。

JMASの出資元であるK社さんは、
ただ地雷を撤去するだけではなく、
それに伴う社会資本の充実が大切だという事で、
元地雷原の住宅用地を公平な方法で分配したり、
道路や橋、学校などの建築にも手を入れておられました。
IMGP7045.jpg
IMGP7061.jpg
道路を整備するみなさんも、
その学校に通う子どもたちとも記念写真を撮りました。
カンボジア人らしいハニカミ笑顔がとても印象的でした。

JMASで働く日本人のIさんが、
最後にこんなお話をしてくださいました。
「通訳を勤める絵の上手なスタッフに理想の未来を描かせた。
 そうしたらいくつか立ち並ぶビルと電線、
 そして二本あるヤシの木の下で座って話す恋人たちが描かれていた。
 そんな未来の姿を創ることに少しでも貢献したい」
と。。

未だ残る地雷という「負の遺産」に立ち向かっているみなさんは、
「明るい未来」を夢見て、一生懸命に汗を流す方々でした。
お世話になったみなさん、ありがとうございました!
くれぐれもお気をつけて作業を続けてください!!

いろいろな経験をしてきました の巻

お久しぶりです。

他州へ行っていました。
タイとの国境、北の果てバンティアイミエンチェイ州と、
カンボジア一の米所、バッタンバン州でいろんな事をしてきました。
カンボジアに来てやってみたかったことだらけで、
とても充実した旅行になりました。

バンティアイミエンチェイでは、
先輩隊員Kちゃんの企画した日本フェスティバルのお手伝い、
同期Eポンの企画した理科実験教室の見学、
バッタンバンでは、
先輩隊員Mさんの働く小学校訪問、
そしてNGO、JMASさんの地雷撤去作業の見学と、
盛りだくさんの4泊5日でした。

たくさん写真を撮ったのですが、
昨日ようやく任地に帰ってきて、
ハードディスクに移そうとしたら、
何やらおかしな動きになって、
なんとそれらの写真のほとんどがパーになってしまいました。。。
あぁ、おそろしいデジタル時代です。

そんなわけで、
一応残っていたデータたちと、
みなさんからいただいた写真でなんとかその様子を振り返りたいと思います。。

長くなると思うので、
今日は日本フェスティバルについてのみ。

日本語教師Kちゃんが日本文化を紹介するために、
合気道、少林寺拳法、折り紙、浴衣の着付け、日本料理などの体験を、
配属先である大学で実施しました。
その1つに、「書道」の企画があったのでお手伝いさせていただきました。

nihongosidou

カンボジアに赴任する前から、
何らかの形で書道については実施したいと思っていて、
道具を一式持ってきたかいがありました。
また、せっかくなら「和」な感じでやりたいという思いから、
これまた持ってきていた浴衣を着て、
書道コーナーを担当させてもらいました。

DSC04552.jpg

準備していった言葉は、
「希望」「家族」「平和」「未来」「友情」
これらの言葉を何回か練習してもらって、
名前をカタカナで書いてあげて、
時間があまったら、
「好きな言葉を言ってみて」ということで、それを漢字で書いてみる。
そんな流れでした。
ちなみに好きな言葉で出てきたのが・・、
「恋人」「先生」「会社」「最高」「自由」など。。

一度にたくさんは道具の関係上厳しかったですが、
延べ人数かなりたくさんの学生さんなどに体験してもらうことができました。

自分の作品との記念写真も。
DSC04547-thumbnail2.jpg
なかなかの仕上がりぶりに、
自分も嬉しくなりました。

こういう企画を一からはじめるのはとても大変な事だと思いますが、
自分たちにとっても、カンボジアのみんあにとっても有意義な時間になったと思います。
Kちゃんのおかげで、自分も楽しめる事ができ感謝でした。

自分も任地でできるかな・・・。

叱りまくりの毎日です の巻

調整員さんから、「今後の予定」という書類が送られてきます。
ついに、「23−1現職帰国」という文字が出始めました。。。
帰国が目の前に迫っていることを実感しています。

さて、毎日体育の授業のおかげで充実しています。

久しぶりに会ったカンボジア人複数人に、
「すっかり黒くなったなー」
と言われています。
ハイ、かなり黒くなってます。。。

ロル中学校では、組体操の練習がいよいよ始まりました。
笛に合わせて動くのですが、
さすが自主的に参加した生徒さんたち。
みんな一生懸命で、とてもやりがいがあります。

また、ロル、トラウィコ両校で、
ラジオ体操の練習もはじめました。
さすがロルは、2年目。
みんな大半の動きを覚えていて、とてもスムーズに練習できました。
トラウィコも初めてですが、
まぁボチボチ繰り返しやることで、
なんとなるかなーといった感じです。

さて表題。。。

自分学校で、相当叱ってます。
「怒る」という言葉は好きではないので、「叱る」です。

叱る原因のトップ4は、
①時間を守らない(平気で遅刻する)
②約束を守らない(特に服装)
③やりもしないで、
 すぐに「オッチェ(できない)」って言う
④無責任(学級委員で仕事をしない)

ホントに、相当叱ってます。
変な日本人が、たどたどしいクメール語で、
ものすごい剣幕で叱っているのって、
なかなか滑稽だと思うのですが、
(日本の学校に置き換えたら相当おもしろいのですが・・・)
でも、やはり自分が大切にしたいことって、
特に相手が学生であればあるほど、
伝える必要があるのかなーと偉そうに思ったりしています。

そんなわけで、近況報告でした。

日々の生活。 の巻

犬の本気のケンカを見ました。
首をかみ合って、何と痛そうなことか・・・。

さて、
最近学校での活動のことが多かったので、
お休みの今日は、普段の生活について少し書いておきます。

①巨大なブタさんに会う。
近くの食堂の裏手に、かなーりでかいブタがいました。
確実に人間以上の大きさで、
牛なみのブタでした。
DSCF8852.jpg

②なぜかボクシング道場に通うことに・・・。
トラウィコ中学校のある先生のお誘いで、
なぜか毎週日曜日の夕方に、
ボクシング道場へ通うことになってしまいました。
典型的な草食系の自分が、
こんな肉食的なことをしているなんて・・・。
ムエタイ同様、キックボクシングが人気のカンボジア。
足でもこのサンドバックを蹴るのですが、
手も足も痛いのなんのって・・・。
DSCF8667.jpg

③今年もアンコールワットマラソン。
これまたなぜか、最初は出る気が全くなかったのに、
うまくはめられて?のせられて?
今年もまた21キロ地獄のハーフマラソンに出ることに・・・。
日々ジョギングの毎日です。
あーぁ。

運動会はあくまでツール の巻

土曜日も授業に行っています。
朝5時台に起きて、13、4キロ離れた学校に7時前に着き、
体育の授業を補佐しています。

さて改めてですが、なぜ運動会なのか、です。
運動会は自分にあってあくまで手段の1つです。

自分がお手伝いしたいのは、
「生徒会活動の活性化」。
若い世代のリーダーシップを育んだり、
組織的に、あるいは計画的に行動したりするメリットを伝えたり、
クラスのみんなと同じ目的にむかって努力する楽しさを伝えたりと・・・
座学だけではなく、せっかくの集団生活をいかして様々なことを学んでもらう、
そんな日本の学校が目指してきた取り組みの1つでも、
このカンボジアで伝えられたら、と思っての活動です。

そんなわけで、
体育の授業だけではなくて、
運動会の企画、実施、運営に向けたさまざまな生徒の活動もフォローしています。
(というか、正確には「生徒にやらせています」。。。)

例えば・・・
①今後の体育の授業での練習計画を立てる「競技部」の生徒
DSCF8720.jpg
②掲示用のポスターを作成する「宣伝部」の生徒
DSCF8824.jpg
③名簿の表を作成する「進行部」の生徒
DSCF8823.jpg
④競技に使用する道具を作成する「会場・用具部」の生徒
DSCF8821.jpg
といった感じです。

「運動会」やその他の行事(イベント)は、子どもたちにとって楽しいものだと思います。
でも、そうした「楽しいこと」の背景には、
多くの目立たない仕事だったり、
事前の準備が必要です。
そういうことも生徒のみんなに伝えられたらと思っています。

<おまけ>
①ペンキは厄介。。
生徒にペンキで色を塗らせました。
そのペンキが手について落ちないのなんのって。。。
結局、なんと・・
クマエのみなさんの指示に従って、
ガソリンを使ってその汚れを落とすことに・・・。
↓生まれて初めてガソリンで手を洗うRちゃん。もちろん自分も洗いました。
DSCF8834.jpg

②女王の教室。。
ロル中学校の新しい体育の先生。
すごい指導力です。
↓体操服を忘れ、20回のジャンプという罰を受ける男子生徒諸君。
DSCF8733.jpg

③どんどん工夫!!
「背中渡り競争」で、自然とアイディアを出し合っている生徒を発見。
下の支えとなる生徒の一部が、足を交差させて、より強度のある土台になっていました。
こういうアイディアを自主的に出し合うのも、ねらった目的の1つです。
DSCF8874.jpg

④ひぇー。。。
先日、すっかり乾季に入ったかと思っていたカンポットで、
かなりの強風&大雨&雷が発生しました。
1時間以上ずーと近くで落雷があったりと、かなり恐怖でした。。
↓珍しくうちの前がちょっとした洪水に。そして街の至る所で木が倒れていました。
IMGP6527.jpg IMGP6533.jpg

そんなこんなの最近でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。