スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たくさん動いてくれるロックルー の巻

今日は,まだまだ本調子ではなかったのですが,
カンボジア日本人会主催の大運動会のお手伝いに行ってきました。

改めて,カンボジアにたくさんの日本人がいるんだなーと感じました。
中には,お父さんがカンボジア人,お母さんが日本人という
10歳くらいの少年がいて,
その彼は日本語,クメール語,フランス語,英語が話せるとのこと…。
すごかったです。

さて,本題です。
運動会のお手伝いは,調整員さんから
「ぜひカウンターパートや学校の先生を呼んでみたらどうか?」
という提案を受けていたので,
自分の職場のスタッフ1名と,モデル校の体育の先生と一緒に参加しました。

目的は,今回のような運動会をはじめ,
行事の運営には,たくさんの準備や運営側の仕事がある,
ということを体感していただく,ということにありました。

今の自分の活動の主たる目的は,
まさにそこ(学校における生徒の活動を活性化させるための行事の開催)
にあるのですが,
どうしても運動会で体育の授業をメインに見ていると,
そういった視点がなかなか伝わりきっていなかったので,
とてもいいチャンスになりました。

テントを張ったり,
競技用の荷物を用意したり,
ラインを引いたり,
放送の係がいたり,
用具の係がいたり,
スタート・ゴールの係がいたり・・・
と具体的な姿をたくさん見ることができて,
「こういうことを生徒が自分たちでやることに意義があるんだよ」
と伝えることもできました。

そして,当然自分にも係分担があったわけですが,
職場のスタッフ,ロックルー(先生)イアムは,
ものすごく一生懸命動いてくれたわけです。
その姿に,自分は本当に嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

汗をかきかきラインを引き,
ゴールした幼稚園児たちを笑顔で順位ごとに誘導し,
係に1位の色を伝え,
ゴールテープを一緒に持ってくれるわけです。

ちなみに,療養中たくさん心配の電話をくれたのも彼です。
バッタンバンに一緒に行ったのも彼,
JOCVの仲間たちも,
「良く働いてくれるよね~」
「局勤務なのに,偉そうにする様子もなくていいよね」
と大絶賛してくれました。
なんだか,自分のことのように嬉しい気持ちになりますね。

日本人の集まりに参加するのは,言葉の面でかなりストレスになると思うのですが,
「いろんな経験ができるのは楽しいことだよ」
と前向きに,積極的に動いてくれます。

こうやって身近にいる存在って,
それがだんだん当たり前になってきてしまうのですが,
彼のような存在こそ大切にして活動していきたいと改めて感じた次第です。

▼職場一の働き者,イアム先生です。
 後ろは,顔もすっかりこけちゃった自分です。
undoukai

また明日から新しい一週間・・・
と言いたいところですが,火曜日がまたお休みなので,
明日は各学校で授業はあるのか・・・
心配になりつつ学校に行ってきたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。