スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ任地カンポットへ

 いよいよ明日自分の任地であるカンポットに赴任となります。
明日の朝7時に,担当調整員の方がドミトリーに迎えに来てくださいます。
同期隊員の中でも,自分だけが南部への赴任となるので,みんなとは離れて一人での赴任となります。

 まだ見ぬ地,カンポットですが,とりあえず首都プノンペンから南西に約100km,バスで3時間ほどのところです。カンボジアの方の印象としては,海(タイ湾)に面していて,海の幸(カニやエビ)がおいしくて,果物(ドリアンやマンゴ)の名産地,コショーの名産地・・・なんてのが話に上がってきます。

 某ガイドブック「地球の●き方」にも一応掲載されていて,次のように書いてあります。「穏やかなカンポン・バーイ川沿いに開けた小さな町だ。古びたフレンチ・コロニアルの建物や市場跡はかつてのにぎわいを想像させるが,現在は道行く人影もまばらで,喧騒とは無縁の世界だ。町は,カンポン・バーイ川にかかるエンテアヌー橋を渡った東側に開けている。町なかには白い塔がたつロータリーがあり,そこを中心に商店やホテル,レストラン,マーケット,銀行などがそろっている。歩き疲れたら,川沿いに並ぶレストランで一休みするのもいい」

 と,そんなところで,1年9カ月の活動を行う予定となっているわけです。どんな出会いがあるのか,ワクワクドキドキです。明日は,赴任先である「カンポット州教育局青少年課」と,前任者が主に活動していた学校に表敬訪問となります。しばらくの宿は先輩隊員の方が手配してくださっているので,安心です。しばらくそこに泊まりながら,自分の住居を探すことになります。いい家が見つかるといいなと思います。

 今日は,そのための準備に追われました。荷物を整理し,足りないものをプノンペンで揃えました。「電圧安定器」や忘れてきてしまったデジカメの充電器を簡単に手に入れることができました。ついでに,セントラルマーケットで,Tシャツを3枚7ドルで買いました。ちょっとでもクメール語で話せると,会話がはずみ,値段交渉もしやすくなります。

 さてさて,そんなこんなでいよいよ明日。しばらくネットがつながらない可能性がありますが,きっと元気にやっていると思います。ではでは。
スポンサーサイト
コメント

No title

報告お待ちしてます!

1年9か月後、クメール語で駄洒落が言えるくらいになりますよ^^
新しい出会いに向けて、ゆっくり休んでくださいね。
頑張ってください!!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。