スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェムリアップスタディツアー3回目! の巻

気がつけば5月も終わりです。
本当に何もしないまま,4,5月が過ぎてしまいました。。。

でも,先日のグチブログにはたくさんの方から励まし?の連絡が来たり,
先輩隊員との相談から,開き直りしつつあります。

JICA的にはまずいかもしれませんが,
「青少年分野での活動で,技術移転も,活動の根づかせも無理だろう!!」
と。
久しぶりに,訓練時代の職種別ミーティングで言われたことを思い出しました。
「青少年分野での技術移転はないと思ってください。楽しんでください」
そんな言葉です。

思い切って考え方を切り替えて,残りの任期を楽しんでいきたいと,
今は,
ハイ,
今はそう思うようにしています。

さて,先週のシェムリアップスタディツアーについて書いておこうと思います。
スタディツアーに同行するのは,これが3度目です。
目的などは,8月,9月と全く同じなので省くとして,
自分が主にやったことは,
「アイスブレークやレクレーション活動で,初対面の子どもたちの交流を促すこと」
です。

↓ 自己紹介ゲームの様子
jikosyoukai

初日には,自己紹介のゲーム,
最終日には,グループ対抗の簡単な競争,
音楽を使ったグルーピングや合唱など,
シェム隊員のTちゃんの協力を得ながらこちらも楽しむことができました。

さて,そんな主な目的に他にも楽しいことがいくつか。
例えば,いろいろな人との出会いです。

deai1
彼は,
シニアボランティアのTさんがパートタイムで雇っている日本語通訳のチャムナさん。
日本語,英語がペラペラでしかも,通訳という枠を超えた働きぶりで,
自分もたいへんお世話になっています。

deai2
彼は,コンポンチュアン州の青少年課のスタッフ,リンさん。
自分のペース合わせてゆっくりクメール語を話してくれるし,
積極的に日本語も覚えようとしてくれていて,意気投合しました。
ちなみに覚えた言葉は,「行こう」「井戸」「ブタ」「先生生徒」など。

koukouseito
シェムの青少年センターでボランティアをしている2人の高校生。
左がポーリンくん,中央がビーくん。
日本語がちょっと話せて,
森山直太朗の「さくら」や,夏川りみの「涙そうそう」が歌えます!
シニアの方の提案で,プノンペンに戻ってくるときに,一緒に遊びに来ました。
2人とも初めてのプノンペンだそうです。
初めてのエレベーターに感動していたのがとても印象的でした。

kampot team
任地カンポットから参加のメンバーです。
左の先生は,運動会を実施したロル中学校の副校長先生です。
ツアー中も一生懸命働いておられて,さすがだと改めて感じました。
スポンサーサイト
コメント

No title

お久しぶりで!
元気そうでなによりです!!

日本にはいつ帰国予定ですか?

Re: No title

もちだ 

洋介くんでOKかな? 
違っていたら,大変すいません・・・。
帰国予定は,来年の3月です。 3月20日だったかな?
帰国して次の4月からは職場に戻ります!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。