スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他州の教育局訪問&運動会宣伝 の巻

スバイリエン州,プレイベン州の両教育局への出張を終えて帰ってきました。

今週末から来週頭には,また違う州へ行き,
その後は続けて帰国報告会,中間報告会,隊員総会,
さらにその後続けて他州への出張が続くので,
ひたすら任地外での生活になってしまいます。。。

これでいいのか・・・。

さて,そんなわけで今日は出張の様子についてまとめておきます。

出張の目的は,
①運動会の宣伝
②新規ボランティアの配置可能性を探る
③青少年センターの活動状況把握
の大きな3つでした。

運動会の説明は,
パワーポイントと,動画を編集したスペシャルプロモーションビデオで行いました。
自分つくったパワポですが,
同行したイアム先生に全部説明してもらい,
自分は裏方に回ってみました。
映像の効果は抜群で,他州の先生方もだいぶ興味をもってくださったようでした。

subairiennkyoku
スバイリエン州教育局にて

pureibenkyoku
プレイベン州教育局にて(同期Sっちゃんも参加,撮影してくれました)

一通り,意義などを説明した後に,
次のようなメッセージを伝えました。

「私は,若い世代のリーダーの資質を高めるために,局の青少年課は,カンボジアの生徒会活動を活性化させる必要があると考えています。そして,各学校で運動会を実施していくことは,この目的に合致していると思っています。現在JICAの職員は,こうした方法での,青少年分野での協力をもっと増やしていきたいと考えています。その目的を果たすために,新規ボランティアを派遣することも可能だと言っています。しかしながら,こうした計画を実施していくためには,カンボジアのみなさん,あるいは教育局と,各学校の先生方の協力と自助努力が必要です。なぜならば,JICAボランティアは,人的協力を目的としているからです。私たちボランティアには,あまり予算もなく,現地のみなさんと一緒に考え,一緒に働いていくために,やってきます。もし,こうしたJICAの方針をよく理解し,承諾してもらえるのであれば,JICAの職員にそう伝えたいと思います。その時は,JICAから改めて連絡があると思います。」

両州とも,かなりの高反応だったように思っています。
新規ボランティア配置の有用性を感じました。

いくつか理由はありますが…
両州とも,まずはオフィスが整備されていて,職員の雰囲気が明るかったこと。

やる気のある職員が,
「そのパワポと映像のデータがほしい!」
とおっしゃってくださり,データを差し上げたこと。

質問のやりとりの一つ一つが建設的だったこと。
例えば,
「青少年課に配置したいが,
 必要に応じてスポーツ課や初等・中等教育課などとも連携したい」
「ボランティアを通じて,
 職員の資質向上につなげていきたい」
といった発言です。

もし,仮に近い将来,
カンボジアのいくつかの州に「青少年活動」分野の隊員が多数配置され,
運動会などのツールを通して,
生徒会活動の活性化につながったとしたら,
そこに役だつ活動をおこなっているように思い,
すごく光栄に感じています。

素敵な機会を与えていただいていると思っています。

ただ,
「時期によってやることがない」とか「職場にいてもすることがない」
といった状況は極力減らしていかなければならないので,
カンポットでの自分の活動で,
運動会以外の活性化案をもっと提供していく必要があると改めて感じました。

<おまけの写真>
スバイリエンは,ベトナムとの国境にある州です。
夕方,国境のある街へと先生が案内してくださいました。

kokkyou1
国境にてみなさんと。

kokkyou3
国境には,
こんな豪華リムジンが泊まっているカジノ併設の豪華(かな?)ホテル
がたくさんありました。

kajino
カジノ内部には簡単に入れます!
懸けごとはしていませんよ~笑

kokkyou2
カジノには,日本食を食べられるレストランもありました。
寿司セットがなんと6$!
初めて寿司を食べるカウンターパートのイアム先生でした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。