スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・日本語指導 の巻

大阪での訓練を卒業して,ちょうど1年が経ちました。

今日からまた,任地外生活になります。
出張,帰国報告会etc,また出張と。

そんなわけで,
今日は日本語指導の続きを書いておこうと思います。

まったくの素人,本業ではない自分の日本語指導ですが,
楽しい!!
楽しすぎます!!

日本語は難しくて,
文字のこととか,
正確な発音とか,
文法などを,
ちゃんと教えようと思ったら大変なんでしょうが,
熱心な人たちと一緒の時間を過ごせるってのが何より楽しい時間となっています。

nihongosidou
↑ 授業の様子。

カンボジア語と日本語では,
発音がかなり違うところが多く,
自分が苦手なところもあるように,
カンボジアのみんなにとっても,
苦手な音がいくつかあるようです。

まずは
「つ」の音。
彼ら,出せません。

続いて,
「きゃ,きゅ,きょ」の音。
単独では難しいようです。

それでもって,
「や,ゆ,よ」の音。
カンボジアでは,
「ya」と「ja」が同じになってしまうので,
「じゅう」が「ゆう」となってしまいます。

彼らにしてみたら,
自分の発音はもっとおかしいと思うので,
そんなことは気にせず,
簡単なやりとりを継続していきたいと思っています。

一応,「書く」作業も入れているのですが,
またみんなしっかり移すので,
かなりきれいに平仮名をかけています。
ホント上手なんです。

もっと早くにやっておくべきだったなーと思っています。

帰国後もし余裕があったら,
「日本語教師」
の資格をとりに行ってみようかなーと思ったりしている今日この頃でした。

では,出張に行ってきます。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。