スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな村の運動会 の巻

昨日から任地カンポットは大雨の連続です。
本当によく降る・・・。
道は、水であふれかえっています。

さて昨日に引き続き、振り返りブログです。

先週視察に行ってきた運動会について報告します。
行ってきたのは、タイとの国境にあるポイペト市。

あまり裕福とは言えないこの地域ですが、
いろんな団体からの支援を有効に活用して、
運動会を計画した小学校があります。

1つは、アピヴォワット小学校、今年で6年目の実施。
もう1つは、オーニアング小学校、アピヴォワット小に習って、
今年初めての実施だそうです。

IMGP5076.jpg
任地からは、合計12時間のバスの旅でした。
職場のスタッフ2名、運動会を実施した中学校からそれぞれ1名、
計5名で出張に行かせていただきました。

IMGP4988.jpg
DSC05009.jpg
入場行進も音楽にあわせてしっかりできていました。
また、組体操やダンスなど、競技以外のプログラムも充実していました。

IMGP4966.jpg
日本の小学生が使ういわゆる「赤白帽」をかぶる先生・・・。
それが面白いのではなくて、
すばらしいのは、すべての先生方が協力して行事を創っていたところです。
事前の準備から、当日の運営まで、
先生方の役割分担がしっかりできていたのがすごかったです。
また、自分の学校以外にも手伝いにいき、
学校間のコミュニケーションもよくとれているなと思いました。

IMGP4932.jpg
NGOからの支援もありますが、
それ以外にもお寺や地域、銀行などからも多数の支援金を工夫して集めていました。
そのおかげで、当日は地域の人がお昼ご飯の炊き出しを行ってくださり、
生徒たちもおいしそうに食べていました。

IMGP4993.jpg
おそらく幼稚園段階の子ですが、
側転、バク転・・・かなりの対術を披露してくれました。

IMGP5051.jpg
そしてもっともシュールだったのが、
なぜかオムツをはいて登場した子どもムエタイ戦士!
発表の一環で、小学生もムエタイをやらせてしまうあたりは、
さすがカンボジアでした。

一緒に参加した先生たちも、生徒を誘導したり、
積極的に動いてくださったのが嬉しかったです。
また、運動会にもかなり意欲を示してくれ、
10月から学校が再開した際には、また運動会をぜひ実施しようということになりました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。