スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平和なプチュンバン。 の巻

カンボジアは、プチュンバン(お盆)の大型連休に入っています。

昨日、大家さんのお手伝いを勤めるナラちゃんの実家に遊びに行き、
今日戻ってきました。

行ったのは、カンポット市から来るまで約1時間半のドントン郡。
大家さんの車に乗ってみんなで移動しました。

IMGP6339.jpg
IMGP6355.jpg IMGP6356.jpg

こんな道を来るまで走って、こんな道を歩いて、こんな丸太の橋を渡って・・・
たどり着いたのが、気に囲まれたこんなすてきなお家です。

IMGP6358.jpg IMGP6366.jpg

どっかのNGOがつくってくれた井戸(ポンプ)も健在です。
幼少期のナラちゃんはこの家に住んでいたんだそうです。

ナラちゃんのお姉さんたちの子どもたちがたくさんいました。
普段生活している州都の雰囲気とはまったく違う「いかにも田舎」という雰囲気ですが、
笑顔あふれる素朴なカンボジアの人々の様子はどこでも同じですね。
というわけでみんなで記念写真を。

IMGP6378.jpg

お寺とかに行くのかと思っていたら、
ナラちゃんの仕事があるということで、あまり長居はできずに、
いつものカンポット市に戻ってきましたが、
田舎の生活を味わうことができて嬉しかったお休みでした。

ナラちゃん、ありがとう!!

<おまけ>
そして今日の午後は街の散策へ。

▽ようやく見つけた任地カンポットにできた「すし」のお店です。

IMGP6388.jpg

街の中心部から結構離れたところにありました。
なぜか、「すしセニョール」というメキシコ料理とすしのお店。
しかも、オーナーはフランス人・・・。

IMGP6387.jpg IMGP6389.jpg

すしのメニューは、エビ、イカ、マグロ、うなぎ、サーモンの5種類。
どれも3貫で2.5$という値段設定でした。
味は・・・うーん、まぁ海外で食べる寿司だなーといった感じですが、
ついに任地でもすしが食べられる時代になってしまったのだと感無量というか、
複雑は気持ちとなったわけです。

▽ビールの飲み過ぎ??

IMGP6392.jpg

中身はありません。空の箱です。
計画している運動会で「お金のかからないモノ」と思って開発した新競技のための材料です。
1人1箱もって整列。
8人1グループで、第1走者は1つの箱のみ、
第2走者は第1走者からもらった箱を重ねて2つ、
第3走者はさらに第2走者からもらった2つの箱を重ねて3つ・・・
といった感じで走ります。
箱代はタダ。
生徒が喜んでくれると嬉しいですねー。

にしても、これだけの箱を重ねてチャリで移動する姿、
すっかりクマエ風になっているなーと実感した今日この頃でした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。