スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイで海と和と年末と格差を感じてきましたパート2 の巻

忙しい毎日です。
いよいよ来週1つの学校で運動会を迎えます。
その事でもいろいろ書きたいことがあるのですが、
後日にとっておきます。

というわけで、今回は前回の続きを。
シミランクルーズから戻って、
まずはプーケット島を堪能し、翌日飛行機でバンコクに向かいました。
大都会バンコク・・・。
そこで自分がした事と言えば、
とにかく「和を食い尽くす事」なわけでした。

エントリーナンバー1 やっぱ吉野家の牛丼。
エントリーナンバー2 ココイチのカレー。
どちらも同じデパート(?)の中に近所に位置していて、
今の自分に撮って危険でした。
IMGP7349.jpg IMGP7354.jpg

エントリーナンバー3 せたがや さんのラーメン。
エントリーナンバー4 つじ田 さんのラーメン。
バンコクには、「らーめんチャンピオンズ」なる場所が・・・。
名店と呼ばれる日本のラーメン屋さんが6件も入っているんです。。。
やはり大変危険な場所でした。
サロプ IMGP7416.jpg

そして、
和ではないけどお決まりなのが、
エントリーナンバー5 マクドナルド。ドナルドだって合掌します。
また和食ではないけれど、和を感じたのがタイ語バージョンの漫画本たちでした。
IMGP7340.jpg IMGP7345.jpg

これら以外にも、
デザートは「ビアードパパのシュークリーム」、
伊勢丹でうっていた「今川焼」・・・

いやー、、、バンコクは大都会でした。
大変おなかいっぱいになってきました。

「和」に続いて感じたのが、
「クリスマス」と「年末」でした。

IMGP7417.jpg
BTSと呼ばれるスカイトレインがあって、
その駅のいくつかはデパートと直結しています。
そのデパートからは、にぎやかなクリスマスソングが流れてきたり、
すてきなイルミネーションがあったり、
年末用のイベントをやっていたりと、
都内を歩いているかのような錯覚まで起こしてしまいました。

いやー、、、バンコクは大都会でした。

そんな状態が、つまりいろんな「格差」につながっているのかなーとも思っています。

例えば、そんなバンコクでも未だに物乞いの人がたくさんいて、
路上に座ってみんなからのお布施を待っていたり・・、

あるいは隣同士の国にも関わらず、
まるで違うプノンペンの様子・・・。

持てる国、持てる人。
持たざる国、持たざる人。。。
その差が極力小さな社会を目指したいと、
和食三昧のリッチな旅行をしつつも、
改めてそんなことを感じたわけでした。

以上、タイ旅行報告でした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。