スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あせらずあわてず・・・だけど。。。

 今日は久しぶりに職場に行って仕事,といっても相変わらずの資料解読作業です。
 
 同期のブログを見たら,それぞれ協力隊らしいいろんな仕事を展開し始めることができているようで,うらやましいかぎりでした。
 本当に自分は今日一日あの職場にいて,資料解読ばかり。。。職員さんも暇だから来ない人はいるし,いてもパソコンでゲームとか始めちゃうし・・・。しかもそのゲーム,いわゆる戦闘もの(シューティング形式の)。内戦が続いたカンボジアでも,おじさまたちがそんなゲームを楽しめるようになったくらい平和になった,と考えるべきなのか,どうなのか・・・。「職:ウドムもやるか??」「私:う~ん,いいや~・・・」そんな会話でした・・・。

 とそんな愚痴ばかりでは仕方ありません。「とにかくあせらない。あわてない。」が自分に言い聞かせているテーマです。そんなわけで今日の収穫を3つ。
①8月にスカウト関係のキャンプに引率できることになりました。8月22日~26日。アンコールワットのあるシェムリアップまで行けるそうです。やりました。仕事です!! 全土から同じような高校生たちが集まっていわゆる「リーダー研修会」のようなトレーニングをすることになるのだと思います。カンポットからも高校生が男女合わせて6人参加するそうです。今から楽しみで仕方ありません。

②「カンポットの教育の現状」の資料も,ついに「青少年活動分野」にまでたどり着きました。少しずつ自分の中心的な活動となる「ユース評議会」の実態がつかめていけそうです。たまたまそこにトゥーイが登場。彼はいわゆる高校の生徒会長で,その仕組み・組織についてもだいぶ詳しいので,いろいろと聞いてみました。各学校にちゃんとそうした組織はあって,いわゆる生徒会本部(プロティアン<会長>,アヌプロティアン<副会長>,専門委員長8人)などが存在します。専門委員長は,日本と同じように環境分野とか,規律分野などに分かれいるそうです。バッジとワッペンももっていて,日本のそれよりもむしろリーダーとして目立つ物質的な条件はそろっているかもしれません。また,各クラスにも委員長や班長の組織があって,日本の中学校でやってきたいわゆる「班長会」のようなものも存在します。ただ,トゥーイいわく,「あんまりクラスのほうは機能していないかも」だそうです。また,「どれくらいミーティングをしているの?」と尋ねると「3か月に1回」とのこと。「え~!!!」と驚いたら彼も「月に一回くらいは必要だと思うけど,国の指針で3カ月に1回なんだって」と返答。う~ん。。ちょっとずつではありますが,課題が見えてきます。

③仕事ではありません。夕方仕事を終えてジョギングをしていると,職場の課長ブッティ先生が「おーいウドム」と呼ぶ声が。ちょっとした広場で,カンボジアのおじさまたちに流行しているスポーツ(?)「ペタンク」を観戦していらっしゃいます。(「ペタンク」は,鉄球を投げてねらいに近いところにおけたほうがいいというゲームです。)「ウドムもやっていけば?」というわけで,一緒にやらせていただきました。初めてです。ねらいにもっていくのが,かなり難しかったですが,チーム戦で教えてもらいながら楽しくやることができました。

<今日のカンポット>
 「カンポット」らしいわけではありませんが,ゲストハウスで初めて「トッカエ」という巨大トカゲ(?)を拝見しました。かなり気持ち悪かったですが,怖いもの見たさで写真まで。以前夜に「トッカエ」という鳴き声を聴いていて,例のゲストハウスの子に「見たことないんだよね」と話していたら「ボン(兄ちゃん),壁にかかっている絵の後ろにいるよ」と教えてくれました。
tokkae
 20cmくらいありました。本当に気持ち悪いですが,声だけはかわいいんです。「トッカエ×∞」と鳴きます。日本のクメール語の先生,ティ先生もそれについて1時間くらい熱弁していましたが,トッカエも年をとると(?)のどに肉がたまり声が変わります。そうするとそれを聴きつけたトッカエよりも小さいヘビが,トッカエの口の中にはいって,そのたまった肉を食べてくれるそうです。そうすると,再びトッカエはかわいい声になるんだとさ。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。