スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5日目の夜を迎えようとしています。

 月曜日にプノンペンについて今日は金曜日。ようやくというか,あっという間にというか,初の週末を迎えようとしています。明日もトゥクトゥクの実地講習をうけ,そのあと銀行に通帳をとりにとやることはたくさんありますが,今夜はかなりリラックスモードでゆっくりできそうです。明日は夜に23年度1次隊の歓迎会も催していただけるそうです。ありがたいです。

 さて今日も午前中は語学訓練で,午後はジャイカオフィスでカンボジアのボランティア事業の説明とカンボジアのNGOとの関わりについて説明を受けました。カンボジア国内だけで,なんと3000以上のNGOが関わってきたそうです。ポルポト時代が終わった1970年代後半から80年代にかけて大量の難民が発生し,その支援のために各国が力を注いできたということがとても伝わってきました。「その時代に戻りたくない」というカンボジア人みんなの気持ちもいろんなところで感じています。

 さてさて今日は,昨日かなりびっくり,そしてうれしく心洗われた出来事があったのでそのことについて書きたいと思います。下の写真がそのときのものです。
タヤマ日本語学校
 ここはNGO主催の「タヤマ実践カレッジ」の教室です。先輩隊員の方においしいラーメン屋さんを紹介していただいたところ,案内してもらったのが「タヤマ食堂」。この食堂は,「実践カレッジ」の生徒さんたちが日本語の勉強と所作を学習するためにアルバイトしている食堂だそうです。で,その「実践カレッジ」ですが,なんと無料で日本語を学習したいカンボジア人に日本語の学習を施しているのだそうです。たまたまお隣で食事をしていたその「実践カレッジ」のカンボジア人の先生とお話をしたところ,教室内に案内していただきました。その場で簡単な自己紹介をクメール語で行いました。みなさん「上手」と感動してくれました…。しかしそれ以上に写真の生徒さんたちはとてもとても日本語が上手でした。そして日本の学校以上に,あいさつや礼法がしっかりとしていました。何より話を聴く目が輝いていて反応もよく,「学ぶ」ことへの喜びが全開でした。
 彼らの今後の活躍を心の底から祈りつつ,自分もクメール語をもっともっと話せるようになりたいと思いました。
スポンサーサイト
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

おひさ~(^◇^)

元気そうですね。

このブログの更新を楽しみにしているぞぉ~(^。^)

No title

Bさま,新天地はいかがですか?? 遊んでますか?? カンボジアで待ってるから,Aと一緒に来てくださいね~
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。