スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月22日は,国際ユースデイ らしいです。

今日は,昨日のワークショップに行くのかと思い,早めに職場へ行きました。
 ところが,先生方は全く来ません・・・。 ようやくお一人いらして「今日は昨日の場所に行かないの??」と聞くと,「今日は必要ないんだよ」って返答です。「おいおい…。」と思いながらも,多分自分が昨日ちゃんと聞けていなったんだろうとも思います。
 
 さて,いつもの感じで仕事かと思いきや,今日はすべての職員が集まっているではありませんか!? 初日以来一同に会したみなさんの顔を見ていませんでしたが,今日は全員です(とっていも8人ですが)。何があるのかと思ったら,「今日はこれから会議だ」とのこと。
 議題は「8月22日の国際ユースデイのイベント」についてです。最初だけ,自分にもわかるように,超ゆっくり話してくれましたが,後はお構いなく超スピーディにみなさんお話されました。案の上,ほとんど話し合われている内容が理解できず,途中正直かなり眠くなってしまいました…。当然意見を求められるわけでもなく,さびしい時間が自分の前を通り過ぎて行きました。当日は,200人以上の人が集まる盛大なイベントが開かれるらしいです。会議終了後「日本にもあるのか?」と聞かれましたが,「多分ない」と答えておきました。もし経験ある人がいたら教えてください。
 
 考えてみたら,ここの職員,全員自分より年上です。教員経験も自分より長い方々ばかり。いわば,県の教育委員会ですから。そんなところで,自分がでかい顔して「〇〇してあげる」とか「教えてあげる」という発想を持っていても仕方ないように思いました。よく言われることですが,例えば日本の学校で,突然外国からやってきた若者がああしろ,こうしろと言っても,「何だあいつ?」と思われるだけです。それでも,やはり協力隊員としてやってきたからには・・・という思いもあります。そのバランス,難しいものです。

 だから今日もいつもの資料解読です。今日は途中で,トゥーイが職場にやってきたので,一時間ほどクメール語解読のお手伝いをしてくれました。彼は教えるのがとても上手です。「僕は英語がちょっと苦手だから教えてね」と言ってきます。自分でよければいつでも喜んで教えます!

「6.1.2 規律と3良運動の委員会の職務
 ・規律と,児童評議会の規則について教え,指導し,計画的に実行する
 ・3良運動(良い子ども,良い生徒,良い友達)を広め,指導し計画的に実行する
 ・会議に出席し,経過を調べ,価値を分析し,年度ごとの3良運動の結果をまとめる
 ・礼儀正しさ,制服,安全,学校の中の大筋の命令をチェックし,準備するのを助ける
 ・そのほか,長の命じた仕事を行う

 6.1.3 学習と図書室の委員会の職務
 ・メンバーの学習の成果にそって手伝いをする
 ・図書室にみんなを行かせて勉強させる
 ・学習に遅れてしまった友達に教えるのを手伝い,小さい子どもたちのために,読み聞かせや物語を話してあげる
 ・礼儀正しさを準備して,図書室の掃除をする(本を手に取り読む前と後に手を洗うように,メンバーに指導する)
 ・統計をつくり,利用者をリストに入れる
 ・本の整頓を行い,図書館の中の本の修繕を行う
 ・そのほか,長の命じた仕事を行う 」

 日本で言うところの,生活委員会や,安全委員会,図書委員会などの仕事を国の規定で決めているわけですね。これが本当にどれくらい浸透しているのか? もしこれだけのものがしっかり組織されていたら,自分の活動はどうなるのか… 
 今日は写真を撮っていません~
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。