スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジアのバス事情

今日の仕事の前に,昨日書こうと思った「カンボジアのバス事情」について書いておきたいと思います。

 カンポットからプノンペンは,いつもバスを利用して往復します。会社によってちょっと値段は違いますが,片道15000リエル(約4ドル前後)です。いわゆる,日本の「長距離バス」ってやつでしょうか?
 でもこの「長距離バス」が曲者なんです。実はいろんな機能がこのバスにはあるのです。

機能①:人の移動
 旅行者だけでなく,地元の人もたくさん利用します。電車や市内循環バスがほとんどないこの国において,バスは最大の移動手段です。したがって,「プノンペンからカンポット」といった大きな移動の最中にも,途中途中で地元の人が「ここで降ろして」みたいなことをどんどん言っていき,いたるところで停まります。昨日は,途中の市場で,50m感覚くらいで停まりました。おかげさまで,4時間の予定が5時間くらいかかって目的地に到着。「時間には余裕をもって」というのが身にしみました。

機能②:モノの移動
 おそらく,郵便配達的な機能も不十分なこの国では,バスが宅配機能も有しています。例えば手紙。JICA事務所への手紙なども,バス乗り場で頼めるそうです(安全性がよくわからず利用していませんが…)。また,大きな荷物なんかも,途中の道で届けるようです。今回は2回くらい途中のおばちゃんに段ボールを渡していました。
▼その様子。中身は何!?
お届け物

機能③:カラオケ
 娯楽がほとんどないこの国は,バス内でのテレビ・カラオケはつきもの。寝たい人もいるけど,ガンガンカラオケをテレビで流します。修学旅行のバス内のごとく。歌はいろんな種類があります。明るいもの,暗いもの。恋人と別れて自殺を図ろうとする映像とか,そんなのが流れるときもあります。暗いです。かと思えば,いわゆる「ラップ」調の英語まじりの曲もたくさんあります。

機能④:経済効果
 移動の途中,いわゆる「ドライブイン」(かっこよく表現しすぎですが…)に停まります。そこは,旅行者をターゲットにした物売りたちの宝庫です。しつこくないので,かわいいものですが,果物,飲み物,お菓子などたくさん売っています。
▼その様子。「パイナップル? マンゴー? 甘くておいしいよ~」
物売り

 バスでもクラクションをどんどん鳴らします。昨日は,バスの中から,横転して田んぼに埋まったトラックが見えました。・・・。

 さて,今日の仕事。明日午前中に,「国際ユースディ」のイベントがあるらしく,今日はその準備に行ってきました。どんな会かは明日のお楽しみですが,200人くらいの人が集まるそうです。机,イス,横断幕などを準備しました。重い机の移動が大変でした~
▼イベントの正面にある看板?にある文字は,手作業で貼り替えています。パソコンでシールのついた紙に文字を印刷し,それをすべて手作業で切り分け,それを貼ります。大変な作業です。この先生は,本当は事務所の先生ではありませんが。プロらしく手伝ってくださっています。
tesagyou

▼準備終了後。課長がお昼ご飯をご馳走してくださいました。中央がブッティ課長。みなさん写真に動じていません。さすがベテラン陣。
昼ごはん

▼準備会場から,断末魔の叫びが・・・。何かと思って外を見ると・・・。そこには,「♪(ドナドナ…)ブタブタブタブタ~売られていくよ~」です。縛られて,体重を測られて,自分の運命を悟ったのでしょうか・・・?豚さんがものすごい大きな声で鳴いていました。そうやって,自分たちはさまざまな命をいただいているのだと,実感する場面です。
ブタ

 資料解読作業もしましたが,今日の内容は,恐ろしいほどわかりませんでした。単語はわかるけど,何が主語なの??? 何が述語なの????? 「&」は何と何を結んでいるの?????? って感じで,気が狂いそうになりました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。