スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最初から最後まで… の巻

今日も運動会の競技説明に行ってきました!
今日はリーポック中学校です。
これでようやく4つの学校すべての生徒に競技を説明することができました。

カンボジアのいいところのような,悪いところのような…
その1つに,「なんでもかんでもゆるい」ことがあります。
運動会を開催したいと思った動機の1つでもあるのですが,
例えば説明をしている時間でも,
ちょっと気を許すとふらふら動き出したり,
集合の時間になってもなかなか集まらなかったり,
運動会の競技の説明中なのに,いきなりサッカーをやっている別の団体に交じって言ったり…
と(かなりの酷評ですが…),
とにかくゆるいのです。
それをあまり気にしない先生もいるし,
っていうか,先生自体遅れてくるし,なんてことは茶飯事です。
まぁ,それがカンボジアらしさ,
カンボジアの寛大さの源といったらそうなのですが,
これまでの中学校巡回でも,
最初から最後まですべての生徒が残った学校は皆無でした…。
気づけばいなくなってるんですね。ハイ。
全員出場種目でも,全員がそろっていない状況で実はやっていたんです。

ところが・・・
ところがです!!

今日のリーポック中学校。
始まりこそ,約束の時間を40分過ぎてからの実施でしたが,
(まぁこれも問題と言えば問題なんですが…)
なんと最初から最後まで全員そろって練習できているんです!!!

おかげで,全員出場種目の
「台風の目」「背中わたり競争」「むかでリレー」は,
初の全員参加だったんです。
しかも,けっこう落ち着いてちゃんと話を聞くのです。
そのおかげで,
特に「背中わたり競争」は他の学校では,何度も説明・練習が必要だったのですが,
今日は一発クリアです!
なんとすごい!!
すごくうれしかったです!!!

「最初から最後まで参加すること」
日本ではけっこう当たり前のことのはずです。
でも,カンボジアでは当たり前ではありません。

でもそこがまた難しいところだとも思っています。
協力隊の他の国のある友人のブログに,
「その国らしさ・その国のよい風潮を壊さないような活動をしていきたいと思いました」
と書いてあり,すごく共感しつつ,考えさせられました。

カンボジアのよいところ(=例えばゆるさ)
だとしたら,そのゆるさをどこまで認め,どこまで改善する必要があるのか…。
そのバランスにすごく今後も悩まされそうです。。。

▼といいつつも,子どもたちの笑顔を見ていると,難しいことは忘れさせてくれます。
mukade2





スポンサーサイト
コメント

No title

おーホントだ!今の想いがピンポイントでかぶってる!活動内容は違うのに,今日ブログに書いてることいっしょ・・。

いよいよ

明日ですな!!
頑張ってくれい!!!健闘を祈る!!!
そしておもろいネタGETも期待している!!!

Re: No title

さっちゃんへ
 なかなかうまくはこっちの人に伝えられないけど,少しずつ言葉で,行動で伝えることができたらいいよね。

エノポンへ
運動会のこと,気にかけてくれて嬉しいよ~ ネタはたくさんあるよ~
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。