スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思う,言ってみる・・・伝わるかどうか の巻

運動会の余韻に浸ることは許されず,さっそく新しいスタートとなった今日でした。
運動会の課題についても,自分なりにまとめてそれをアップしようと思ったのですが,
新しいことをどんどん書いておこうと思います。

今日は,タクチュー郡の小学校にて,
ユース・児童評議会についての先生方に対するワークショップが行われました。
ユース評議会は日本の高校段階,
児童評議会は日本の中学・小学校段階の生徒会・児童会組織に相当します。
そして,その「ユース・児童評議会の設立,運営支援」こどが自分の本来の職務です。

前任の方がだいぶその設立において尽力されたようで,
自分もてっきりごく一部を除いてほとんどの学校で整備されているのかと思ったら…,
今日のワークショップでは,本当に「一からの説明」で,
自分の認識の甘さを痛感しました。
まだまだカンボジアでは,ユース・児童評議会は浸透していないのだと実感した1日でした。

▼職場の課長が組織について説明しているところです。
sosiki

一度,関連するパンフレットで読んでいたところなので,
今日の説明は,ある程度は理解できたのですが,
逆に言うと,
パンフレットに書いてあることをそのまま伝えているだけ,とも評せなくはないわけです。
しかも,説明を聞いている側も・・・な雰囲気で,
あまり切実性がないというか,なんともカンボジアらしくゆる~い感じのワークショップなわけです。

そこで,今日はワークショップの方法について,
初めて「モノ申してみよう」と自らを奮い立たせてみました。
これまでも他のワークショップには多数参加してきましたが,
「話も分かってない奴が何を偉そうに」と思われたらイヤだな~と,
何か言うことに気が引けていました。
でも,今回は自分のメインとなる活動です。
いつもよりは,ほんのちょっと内容を理解したつもりです。

「今日のワークショップに参加して,
 まだまだユース・児童評議会が整備されていない学校の多さに驚いたよ。
 広めていく必要をすごく感じたんで,ちょっとだけ思ったことを言っていい??
 今日のワークショップは,どちらかというと組織の説明が多かった気がする。
 日本でもこういうワークショップはたくさんあるんだけど,
 具体的な活動の例を紹介することが多いんだよ。
 写真とか,生徒の様子がわかるようなものを使うと,
 聴いてる側も興味を持ちやすいし,やってみようって思うかも。
 いくつかすでに評議会が整備されている学校があるんだったら,
 そこをモデルにして,そこの先生方に説明をさせてみたら?」

とこんな感じで,自分ではしどろもどろに伝えたつもりです。
そしたら,

「明日も続きがあって,具体的な活動を紹介する予定だよ。
 $#%&’%”#)‘・・・・?」

との返事でした。
一応通じたのかな~と思った瞬間でしたが…,
でも次が問題なんです…。

「〇〇(前任者)のときは,予算をたくさんJICAからもってきて,
 どんどんワークショップをやることができたぞ。
 しかも職員一人当たりの日当はいくらで,参加者にはいくらの参加費を出して…」

と。
自分の中では,「出たっ! また金の話…」です。

今日も適当にごまかそうかと思ったのですが,
なんとなく今日はこっちも強気に出てみようかと思い,
ソフトタッチに,思っていたことを口に出してみました。

「この職場に予算がないのはわかるんだよ。
 でも,予算については俺が決めることではなく,JICAに決まりにのっとって実行するだけ。
 それと,仮に自分が予算を出せたとしても,
 自分は一年と半年後にはいなくなってしまう存在なんだよ。
 もしかしたら新しいボランティアはこないかもしれない。
 今日本も大変で,JICAの予算はどんどん削られているし。
 ユース・児童評議会を広めるのは,本来この職場のメインの仕事。
 お金がないのであれば,
 あまりお金を使わなくても済むような方法を一緒に考えていくことが大切だと思う」

と。これがどう伝わったかはわかりません。
「こちらが言う」のと「相手に伝わる」のには,大きな差があります。
うまく角が立たないように,伝わっていることを祈るのみです。

<カンボジアの小学校あれこれ>
と,ちょっと頭が煮詰まったので,今日撮ることができた写真を紹介します。
カンボジアの小学校の様子が伝われば幸いです。
▼授業中の様子です。生徒一人一人にミニ黒板?があります。
 文字の書き取りや簡単な計算の答えをここに書いて先生に見せるようです。
 教室には結構掲示物がたくさんあります。
syougakkou3 syougakkou2

▼休み時間の使い方。黒板の前で音読するまじめな子もいれば,
 大半は外でドッチボールもどきです。
syougakkou1 syougakkou4

▼チャイムです。チャイムは自分たちで鳴らします。
 これも係活動の1つらしいです。責任をもって仕事をしています。
 午前と午後で生徒が代わります。二部制です。
syougakkou5 sytougakkou6

▼牛さんです。放し飼い? というか紛れ込んできたようです。
 校舎は一階建て。電気は通っていません。
usi

▼お菓子屋さんです。お菓子やパン,飲み物を売っています。
 休み時間,生徒はここに集まります。
okasi
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。