スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想像力と創造力 の巻

土日をプノンペンで過ごして,気分を一新して職場に行ってきました!
プノンペンでは,新しく担当になってくださった調整員さんとたくさんの相談もでき,
今後の活動にたくさんの示唆を与えていただきました。

さてさて,今日の仕事です。
①来月中旬にいよいよ運動会資料をひっさげて,各郡に営業に行けることになったので,
 その資料づくり(パワーポイント)を完成させ,先生に点検していただきました。
 その詳細についてはまた後日。

②↑のプレゼンやゴミ減らし運動打ち合わせに向けて,
 自分用の「青少年活動用語集」を作り始めました。
 とにかく単語を覚えるのが難しくて,辞書のように使う頻度の高い単語をまとめています。

③今日の本題。
 自分の一応の最大の任務は,州内の生徒会活動の普及・促進です。
 前任者が大方の作業はしてくださっているのですが,
 細かい点でいろいろできそうだったので,
 今日は↓のような資料を創ってみました。

▼上は,教育省のパンフレットに載っている学級の当番表です。
 下は,自分が作ってみたほうです。
toubanhyou

toubanhyou3

カンボジアの学校でも,一応「班活動」があります。
そしてその班ごとに,毎日違う仕事をすることになります。
例えば,図書館委員とか,衛生委員など6つの仕事を分担するわけです。
日本の委員会活動や班活動のように,
もう少しロングスパンで担当させたほうがいいように思いますが,
一応そこはパンフレットにのっとって進めようと思います。
また,各曜日を表す色があって,
月曜がオレンジ,火曜が紫…となっています。
で,↑の表の各空欄にその仕事の名称が入るようになっているわけです。
上の表だと,すでに右側にはめ込まれているのが,各班の名称です(1班~6班)。
でもそれだといらない情報が多すぎて,
日本人感覚からするとなんとも見づらいのです。
そこで,日本の学校ではおなじみの当番表です。
掃除分担などでよく使用していますよね。
日替わりで回転させれば,自分の班の仕事内容が一目瞭然なわけです。
そして,それをとにかくヒマそうな職員(前回紹介)に見せまくって,
「どう? これ?? 作ってみたんだけど??」
と押し売りです。
ところがーーー!!!
見慣れないこの表の使い方,というか見方がまったくわからないらしい様子。。。
空欄のまま説明したのがよくないらしく,
鉛筆で中に例を書いたところでようやく理解。
でも,結局上の表のほうが見やすいのかもしれない模様…。
(でもでも,例のやる気のある先生はすごくほめてくださって,
 今度学校に行ったときに紹介しよう,ということになりました。
 嬉しい限りです。)

カンボジアの人たちにとって,
創造力,そしてその源とも言える想像力を使う作業はとても難しいようです。
だから,国がつくったパンフレットがあれば,それをそのまま使おうとします。
そして,それに固執(やや言い方がきついかも)する傾向がみられます。
他の隊員のブログなどでもそれは共通した見方だと思います。
それは,小さいころから,そういう教育を受けてきたからなんだとみんなで話ました。
日本では,図工や音楽,体育などで情操面を養い,
国語の時間では,すばらしい文章に触れ,作者や登場人物の気持ちなどを考える
トレーニングをずっとしてきています。
でも,カンボジアでは,国語の時間もひたすら暗記であったり,
図工や音楽の時間はあってないようなもの。。。
だからこそ,今他の任地でJOCVが情操教育に力を入れているのは,
とても有意義なことだと改めて感じました。
そういうところで養った力が想像力を生み出し,
「もっとこうしたほうがいいのではないか?」
といった考え方を生み出すようになるのではないかと思っています。

小さなことですが,
こういうちょっとしたアイディアを提供するのも
大事なことだなーと思いました。
小さなことでも,できることをコツコツと進めていきたいと思いました。

<おまけ>
テーマ「振り出しに戻る」
昨日,スタジアムでイベントがあったので,「もしや?」と思って今日行ってみると…

gomi4

案の定,ゴミがたくさん。。。
あんなに養成校の生徒がきれいにしたのに・・・ポイ捨てどうにかならんのかね??
と憤りを感じました。
この写真をもって,木曜日に養成校に行ってこようと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。